「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ピアノデュオ・戒重の活動( 133 )

f0011022_1339346.jpg


みるみるスクスク伸びてるハオルチアちゃんの芽?花?
多肉って、別に色合いというほどのものもなく、どちらかというと緑色の岩みたいな佇まい^_^; なんだか変化もなくじっとしてるみたいだけど、花や芽を見てると、この多肉が?ってくらいスクスク伸びたり、咲いたり閉じたり。見かけよりぐっと活動的?見えないけど、動いてるなぁと最近感じる。芽やらがないときは、やはりじっと岩みたいにしてるけど^_^;
だからびっくりするんです、動き出すと。


ところで…
モーツァルトはいかん!難しか!
全く思うようにいかん。てか、この音でこうフレーズを編んでいきたいってイメージすらあんのか?と自分に問いたくなる。
まぁね、ないかもよダハハ。壊れてる^_^;

わからんから、ちょっと音の出しを弦楽器的に扱ってみよう。って弦楽器の出ってしってんのか?と問いたくなる。しらん。

しかし、そこにわからんでも進化と呼んでいいのか、崩壊につながるかしらないが、なんかしらの変化をさせなきゃだ!

岩みたいな、多肉様ご一家も見えないとこで変化させてんだから。
よし!多肉的進化でモーツァルトをしてみよう!

動きのない岩みたいな多肉が面白くなるのは?

そう!変化してるのに気がつくから。

そう!やはり変化だ!

ちょっと練習の続きに行ってきます。


そうそう!

今日の言葉。

お風呂でひらめきましたの。

”分け与えよ”
自分の持ってるものを喜んで分け与えましょう・・・みたいな?

iPhoneから送信

[PR]
by mamopy26 | 2017-01-31 13:39 | ピアノデュオ・戒重の活動 | Comments(0)

f0011022_8182844.jpg


デュオ戒重プロデュ-スシリ-ズのご案内です。

官界は、ゲストピアニストに丸山理子さんを迎え、ソロ、連弾、2台ピアノをお楽しみいただきます。

丸山理子ちゃんは、小さいころからピアノを一緒にお勉強し、国立音大に進学し、いま西南学院高の先生をしています。彼女の人柄の出た、素直で明るい音楽をお楽しみいただけると思います!

また、今回の助っ人ピアニストは現在、桐朋学園大学在学中の吉村和弥くん。華やかなピアニズムを持つ彼には、ファンも多くいらっしゃるので、アンコ-ルコ-ナ-で存分にお楽しみいただきます。リストの予定です。

私たちプロデュ-スは、アンコ-ルに1番の盛り上がりをみせる傾向にあります(そう企画してるわけですが(^-^;)
もはや、3部構成!

私たちは久しぶりに、ラヴェルの”スペイン狂詩曲”を弾く予定です。きっと、多分、かならずや(^-^;

今、自分の中で、音楽の方向性をどう変えるか、どうまとめるか模索中。
別のみかたしたら、なんも弾いとらんともいえる。
もひとつみかたを変えると、弾かずに追い込む策略(^-^;

とにかく楽しくします!!

どうぞよろしくお願いいたします。


3月2日(木曜日)
  18:30開場 19:00開演
  福岡あいれふホ-ル
  料金;一般2000円、高校生以下1000円

  お問い合わせ:092-408-7475
mail: kaishige@movie.ocn.ne.jp
[PR]
by mamopy26 | 2017-01-03 08:18 | ピアノデュオ・戒重の活動 | Comments(0)

f0011022_1321013.jpg




最終日は、ザカリエバ先生が案内してくれて、カテドラル廻り。
まず、6年くらい前にコンクール審査で一人で来たとき、ブルガリア正教会のネフスキー寺院で、”お父ちゃんと一緒にまた来れますように”とお願いしたので、御礼参り。地元のザカリエバ先生と一緒なので、地下に降りて、願い事を紙に書いて柱みたいな大きなとこに入れるってのができた。先生がお願いは一個、とか言ってらしたけど、みんなやたら書き込んでるし、先生は二枚書いてた^_^;
で、私も結構たっぷり書きました。父ちゃんに、沢山書いた?って聞いたら”日本語でバンバン書いてやったよ”
日本語かい?

ロシア正教会とブルガリア正教会の違いとかカトリックとのの違いを説明してもらったりで実りある教会まわりでした。
正教会はオーソドックスって言ってます。ふむふむ。

フィドシのおばあちゃんにまた会いたい。

iPhoneから送信
[PR]
by mamopy26 | 2016-10-15 13:02 | ピアノデュオ・戒重の活動 | Comments(0)

f0011022_15322692.jpg

f0011022_15322784.jpg

f0011022_1532279.jpg


プレベンからソフィアに来てお世話になった若きピアニスト(18歳)のフィドシのお宅。
おばあちゃんが食事からなんから世話してくださり、朝からパニツァというブルガリア料理を焼いてくれて、こんな手の込んだお料理を作ってくださるおばあちゃんに感動。

おばあちゃんは英語が話せなくて、フィドシのいない時は、フランス語初心者のおばあちゃんと私はカタコト&たどたどしいフランス語でコミュケーションとって喜んでました^_^;

そしてなにより、最高に幸せだったのは、フィドシのお宅の扉を開けたとたんに弾丸の様に飛び出してきた白ラブラドールのブッギ!可愛すぎ!
笑顔が最高!

そんな幸せなソフィアでした。
iPhoneから送信
[PR]
by mamopy26 | 2016-10-14 15:32 | ピアノデュオ・戒重の活動 | Comments(0)

f0011022_10173881.jpg

f0011022_10173858.jpg

f0011022_10173924.jpg





iPhoneから送信
[PR]
by mamopy26 | 2016-10-14 10:17 | ピアノデュオ・戒重の活動 | Comments(0)

f0011022_13552721.jpg

f0011022_13552774.jpg


一昨日、無事にコンツェルトが終わりました。リハの時の2倍のテンポで指揮者がスタートしたのには面食らった。多分、その前のコンツェルトの終楽章のテンポのまんまかも^_^;
日本ツアーも沢山してる指揮者だけど、こんなこともあるんだなぁ。人生どけに穴があいてるかわからない。いい勉強したな。まぁどうにか踏ん張ったけど。
アンコールに当摩泰久さんの赤とんぼを弾いたら、さすが日本のものでブラボーだった。

で、次の朝にソフィアに移動し、夜コンサート。

それも終了、また書きます。

では。

iPhoneから送信
[PR]
by mamopy26 | 2016-10-11 13:55 | ピアノデュオ・戒重の活動 | Comments(0)

f0011022_1945937.jpg

f0011022_1945917.jpg


家を出て24時間かかりブルガリア到着。そこから車で2時間のプレベンへ。

プレベンで1週間開催されているフェスティバル参加のため久しぶりにやってきた。

一昨日、着いてから聴きに行ったコンサートでフェスティバルのレヴェルの高さに驚く。


いよいよ今日が本番。フェスティバル自体がコンツェルト、オペラばかりの最終日、日本に公演に来たことも多々ある、ソフィア ソロイスツ 室内合奏団の伴奏での三曲バロックばかりの演奏会。

ロシア、クロアチア、ブルガリアなと、近隣の精鋭たちが競ってるレヴェルの高さに驚きながら、この歳になると、自分中心になっていき、悪く言うと井の中の蛙的になってないだろうかと思っていた昨今、こんなに追い込まれ、自分が小さく感じる状態に置かれことを幸せに感じる。怖いけど、願ってもない幸せをいただけたことを心底幸せに感じます。

楽器はベーゼンドルファーのインペリアルとスタインウェイのフルコン。二つともかなりの歴史を歩んでおられてるご様子。
めったに触れることのないベーゼンドルファーはやはり少し気難しくてらっしゃる。こちらが力でおそうとすると、とても嫌なご様子でそっぽ向かれます。エレガントな初老の貴婦人といった風情。
なんとかご機嫌を伺いながら共に音楽を感じていけたらと思います。

写真は昨日のランチ。
ブルガリアの代表的なサラダ。チョップスカ サラダ。雪の様にチーズがかかっている。農業国ブルガリアの野菜の美味しさは半端無い。オーガニックとか規制が厳しいらしい。ジューシーで味が濃い。
となりは子牛のフィレステーキ。美味しかった。

頑張って弾いてきます。

iPhoneから送信
[PR]
by mamopy26 | 2016-10-09 19:04 | ピアノデュオ・戒重の活動 | Comments(0)

f0011022_17381348.jpg


Ravel ”la Valse” pour quatre mains

随分と手垢がつき、よれよれ^_^;中は、あーでもないこーでもないと分析してる間に、今や音符が見にくい^_^;

で、この度、新しい楽譜を買いました。
お世話になりました。
あなたのおかげで、沢山のお勉強、沢山の経験、沢山のコンサート、沢山の幸せをいただきました。
ありがとうございました。

あなたの魂をつないで新しいものを吹き込みます。これからも支えてください。

ということで、9月のコンサートのデュオ戒重の出し物の一つが決まったかな?多分。

今日は育てる大切さを感じました。乗りかかった船。
私たちが出来ることをするのだ。キリッ!
若干、開き直った決意?^_^;

雨が酷いです。
熊本、大分地区の皆様の不安はお察しするにあまりあるものがあります。
が、しかし、お祈りいたします。


そうそう、昨日は尊敬してるバレリーナのお誕生日!
Verdure Decoに届けていただきました。どんなのだったかな?



iPhoneから送信
[PR]
by mamopy26 | 2016-07-08 17:38 | ピアノデュオ・戒重の活動 | Comments(0)

f0011022_11305078.jpg


Piano Duo戒重が若い音楽家を主役のコンサートシリーズ!

今回は(前回は?前回は随分前^_^; Piano Quatourだす)小学生の時からピアノをレッスンしてたヴァイオリンの坪内くんを盛り上げるプログラムです。

ピアノもかなり弾けるので二台8手の片棒もかついでもらいます^_^;
もう1人の片棒さんは、私が高校の時からの妹分の浅岡恵子ちゃんに東京から来てもらいます!
梅光女学院高校音楽科から桐朋学園大学音楽学部まで一緒で、その後、ニューヨークのジュリアード音楽院に留学という実力。
がしかし、練習嫌い、おかしすぎる!そこがまたいい!

浅岡恵子ちゃんのエピソード その1
”姉ちゃん(私のことを姉ちゃんという)、久しぶりに練習したら5の指を突き指したよ”

彼女とは、1つ違いだけどなんだか馬があって、異父異母姉妹と自称!要するに全くの他人^_^;

演奏のほか、DUO戒重の夫婦漫才も!

どうぞよろしくお願いいたします。



iPhoneから送信
[PR]
by mamopy26 | 2016-06-23 11:30 | ピアノデュオ・戒重の活動 | Comments(0)

f0011022_9103165.jpg


演奏会当日カメラマンの方からの提供写真です。
遠目っていいね^_^;

自分が音楽に進んだのも、まだ諦めきれず弾いてるのも不思議に思う。
才能があっても他の道に進む人もいるし、反対も。
音楽に縁があるかないかなんだろうなぁと思う。
道って、意識と違う進み方することありますよね?
え? みたいな。
そんなつもりなかったのに、こうなっちゃった、みたいな。

それが神様の計画なのかなぁ?

もちろん、自分の道は自分で切り開ける。でも、意図しないところで、良い現象であれ、悪い現象であれ方向転換されることがある。
それが必要なんだろうな。

小さい頃から、音が鳴ると踊り出してたけど、練習は嫌でしかたなかった。やめたかった。
やめると親に言えなかった。
もっと自覚する中学、高校あたりは負けたくないだけでやってた気がする^_^;
大学受験でへたへたになり、大学では怠けた^_^; 周りがうますぎて多少ドロップアウト。


今は弾き続けていれてることが幸せです。なんでかなぁ?
ステージまでの曲のイメージなんかの作業が楽しいし(練習は相変わらずすかん!)
ステージでの気持ちをいれてる感じがすごく好き!

そんな訳で諦めきれず頑張ってます。
だから、今では、親に叱られながら練習サセラレ!ていたことに、無理やり続けサセラレていたことに感謝です^_^;

感謝って言葉、なんかあまり使いたくないけど。
けどそうです。

昨晩は酷い雨。被害もあったよう。熊本の方々、大変だと思います。


そうそう、熊本の叔母が地震で被災して、家がなくなりました。まぁ、恵まれた人ではあるが、ショックはすごかったらしい。
その叔母が兄である父が、具合悪いんじゃないかと熊本からお見舞いを持って訪れてくれた。
で、全壊したのに、命があってぶがよかったとニコニコ言ってた。

頭が下がりました。
私が一番見習わなきゃいけないこと。

ありがとうございます。



iPhoneから送信
[PR]
by mamopy26 | 2016-06-21 09:10 | ピアノデュオ・戒重の活動 | Comments(5)