カテゴリ:音の森音楽院( 56 )

f0011022_832354.jpg


小さい子はなかなか指の形が難しい。こりゃ、当たり前だ。だってちいちゃくてかわいくて、ふにゃふにゃだもん!

ここで肝心なのは、難しい、ちょっと無理っぽいを承知の上で、言い続けることですよね。

初めは確かに丸くするのは難しい、がしかし、ここから!
少しずつ骨が出来てきてる、小学校の低学年では、状況が違いますね。このあたりからは、先生と生徒の根比べ^_^;

敵は、どのくらい先生が許してくれるか無意識に探ってる^_^;
先生は絶対に譲らないぞ!
という姿勢を断固として貫く!

いやもう根比べ^_^;

私はいつも宣言します。

”私はね、絶対に諦めないから、だからあなたが諦めて~!”

そのあたりで、敵も少し諦め始める。しかし、ここからがまた密かな戦い。

敵は、軟化したように見せかけて、こちらが油断するのを伺ってる。
もちろん、子供が策略を練るわけではない。が、彼らは貴重な動物的勘を私たち大人より充分に持ち合わせている。というか動物的勘が、まだまだたんまり残ってる。

ちょっとこちらが油断すると、ぐにゃ^_^;

目を光らせないと。


と同時に、形を整えるときに力が入らないようにも気をつける。
教える側も、案外と高度な曲を弾く子たちとは違う集中力がいるかも。


これを言い続けて彼此100年。うそ^_^;
高学年になるころには、エヘヘ!こちらの望むフォームに近づいてくる。
ここまでが、ピアノの先生の大変なとこですね^_^;

柔軟性と型崩れしないこと(洗濯洗剤か?)をきちんとしてないと、じきに弾きにくくなり嫌になってくる。
これやっとくと、趣味でも発表会でかなりの大曲を弾ける。なんとか弾けるわけですね。

趣味であっても、楽しめるまでなるには、ちびっ子のときの勝負は欠かせません^_^;

みんな、頑張れー!

そんなことを考えてる昨今です。


<今日のひらめき>
 
  時間は逃げない。
 
 これは上の文章とは関係ありません。
 自分にたいしてですね(^-^;
iPhoneから送信
[PR]
by mamopy26 | 2017-05-23 08:32 | 音の森音楽院 | Comments(0)

♫ 佐賀大 実技試験♫

f0011022_18205042.jpg


楽曲説明をしてから、演奏にうつってもらうスタイルにしたら、みんなきちんとしてきてた。
誰かしら笑って誤魔化すかなぁと思ったら、きちんと!
さすが佐賀大だな。

帰り鳥栖で懸念事項の電話があり、気を取られて、乗り換え電車間違えて、鳥栖から各駅^_^;

懸念事項はまるくおさまったけど。

超スローな各駅だ!

iPhoneから送信
[PR]
by mamopy26 | 2017-02-07 18:20 | 音の森音楽院 | Comments(0)

f0011022_20313064.jpg



3ヶ月ぶりに久留米でのレッスン。新しい会場で。
アリスの不思議な部屋的な不思議なレッスン室で。
嬉しそうに私を触る子、テンション上がって笑いが止まらない子、カチューシャを懐かしがる子、みんなの溢れる気持ちに元気と勇気を貰いました。
これからも、一緒に頑張ろうね。一緒によろしくね!

なんだか不思議なんだけど気持ちの良い空間を提供してくださってるSさん、ありがとうございます。よろしくお願いいたします。これも守お父ちゃんの歩いてきた歴史のおかげです。
父ちゃん、ありがとう。



iPhoneから送信
[PR]
by mamopy26 | 2016-06-06 20:31 | 音の森音楽院 | Comments(0)

f0011022_2062013.jpg


先日、生徒さんが演奏するので、某コンクール披露演奏会に行ってきた。

立派な大手コンクール。
まずびっくりは、ホールの扉に”演奏中の扉の開閉はご遠慮ください”的な張り紙がない。
よって、はいっていってた^_^;

テレビモニターではまだちびっこが演奏してるのに!

時代は変わってしまったのか?

皆様、とても丁寧で綺麗に演奏されてました。さすが大手コンクールです。

が、しかし、全く毒がない。
どの作曲家も同じく丁寧。
極めて日本的(すみません)

子供のころは、まず丁寧に弾く、methodを磨く。確かにわかります。
が、しかし、1番大切なものも一緒に小さい頃から植え付けていかなきゃ、大きくなって毒のある粋な演奏になるはずがない。
それはとりもなおさず、みんな違う演奏をさせるってこと。もちろん楽譜通りだけど。
接する時に、子供たちの地がでるように刺激をいれていく。
そうするとたいがいな子達がワル!これがいいのだ!
地が出たとこからが、勝負に向けての料理さ!

が、しかし、あまり好まれないかも^_^; 危険って?


演奏は、もちろんミスなく見事に弾くのが良いこと。
でも、面白くなくてどうするっ!
人生も演奏もドキドキよん!

などなど考えさせられた1日でした。

それからね、才能のある人が自然に音楽を生業として生きていける社会って…無理なのかな。
そんな世の中にしたいね。
それは、私の仕事じゃないけどね。


長崎、活水大学からの帰り道。
特急かもめ車中の独り言。

写真はインコが好きで小学生の時に買った木のインコ。
引っ越し引っ越しでもポイされずに^_^;

iPhoneから送信
[PR]
by mamopy26 | 2016-01-20 20:06 | 音の森音楽院 | Comments(0)

f0011022_951547.jpg

f0011022_9515416.jpg



昨日は新年初めてのしつけ教室。&お願いしてたゴンくんのお洋服ができてました。
キルティングっぽくて、トラッドな雰囲気の素敵なお洋服!

さてさて、小さい子供たちは、目線より上に楽譜があるので、どうしても楽譜を見ないですね。これみんな共通です。
暗譜ができてるならわかるけど、譜読みの段階で、頭の片隅にある記憶を頼りに音を探る^_^;
これは、大きくなると治るかというとそうでもないです。
ニュアンスは違ったりもしますが、出来てないのに見ないという行動にはかわりない。
すると、どうなるかというと、音の間違いや、細かい注意が治ってこない。
これは高学年、中学生、高校生でもあります。
生徒さんが悪いのではないです。小さくて楽譜を見上げる幼稚園から3年生くらいまでの間に指導する側が、しつこく言い続けなければ習慣になりません。
弾いてる最中に、ガーガー喚きながら、弾いてる次の小節を指差して、”はい、ここ見て!はい、次ここ”って具合に、毎回しつこく促さないと見ません。だって見にくいから。
すると、3年生くらいからは、間違ってはならぬとばかりに、目を皿のように見開いて楽譜を見始めます。ここまで習慣となると、少し楽になります。
まず、大事な習慣ですね。

それが、楽譜から大事なことを読み取るという高度なレヴェルにつながっていきます。
楽譜にしかヒントはないから。

と、真面目に書いてみた^_^;

一昨日もyoutubeにアップしてみました^_^;
笑いが出て、テイク100くらいになりそう^_^;それは嘘。

お暇な〜ら、覗いてねん!

iPhoneから送信
[PR]
by mamopy26 | 2016-01-09 09:51 | 音の森音楽院 | Comments(0)

♪ 秘密の音楽塾♪

f0011022_1692982.jpg




今日は月一回のお勉強会。
父ちゃんがレクチャーして、私はランチの用意係り。

みんな2時間みっちりお勉強なんだけど、実はその後のランチ&大笑いタイムがメインのよう^_^

私が恐ろしいだの、暴言を吐くだのでみんな盛り上がって笑いまくってる^_^;

憶えてもおらん^_^;

昨日もレッスンでプチ切れした後の中3の女の子に、
”あなたには怒ったことないよね〜”って言ったら
”いいぇー、中1のとき、ものすごく怒られてましたぁ”
とな^_^;



憶えてもおらん^_^;

さてさて、
デュオ戒重 20周年記念コンサートまで、3週間となりました。

10/4の日曜日、3時に石橋文化ホールに是非是非いらしてくださいまし。

曲目解説の喋りながらのクラシックコンサートです。

ドビュッシーの牧神の午後への前奏曲もありまーす!
バッハの二台のピアノのための協奏曲も!
小編成のオーケストラつきっ!

よろしくお願いいたします!



iPhoneから送信
[PR]
by mamopy26 | 2015-09-13 16:09 | 音の森音楽院 | Comments(0)

♪ 夏のコンクール!♪

f0011022_12142182.jpg


昨日は、九州 山口ジュニアピアノコンクールの本選。守氏が審査員だし、わたしも時間があったので、一緒に行きました。
その日は小学生高学年の部に三人参戦?^_^;

悪ガキ二人に不思議な女の子一人。
嬉しいことに三人とも最優秀賞をいただきました。

H君は6年生にしてリストのラ カンパネラに挑戦して、立派に弾ききった。よくぞここまで!

R君は予選の後、左手の指を骨折して練習できなくて、ギリギリにギブスが取れたのにかっこよく弾ききった!

Mちゃんは、モンブランさんの曲を軽やかに弾ききった!

残念だった子もいるけど、全員頑張って力をだしきったようだ。ありがたい。

昨日の部では、大好きな子が昨年見事に演奏した中田喜直とメンデルスゾーンのロンカプでちょっと切なくなった。

人生には絶対に無駄なことはない。停滞してるようでも、必ずや、より飛躍するために必要なもの。そう思う。
本人にしてみりゃ、そう思えないかもだけど、絶対にそう!長く生きてるおばちゃんが言うから間違いない!

ということはどんだけ飛躍するんだろう!すごそうだ!


小学生高学年が終わり、博多でお買い物しようと電車に乗り、居眠りして博多の手前の駅で降りた^_^;
途方にくれた日でもあった。

ついでにコンクール会場で急な腹痛に襲われた。
不安な日でもあった^_^;



後は、毎日コンクールYちゃんと日本クラシックコンクールの本選が6人!


だし、練習だ〜!!



写真は博多でやっとありついたベーグル!

iPhoneから送信
[PR]
by mamopy26 | 2015-08-28 12:14 | 音の森音楽院 | Comments(0)

♪発表会リハ♪

f0011022_8535951.jpg


昨日は第31回発表会でした。

オープニングのリハ風景です。
みんな、上達してた!
質が高いことに毎年、そして我ながら驚きです。
まだまだ引き続きコンクール!
頑張ろう!

生徒さんみんなに、そして出れなかった生徒さんに沢山の幸せが降り注ぎますように!


保護者の皆様、暑い中ありがとうございます!

これからもよろしくお願いいたします。

iPhoneから送信
[PR]
by mamopy26 | 2015-08-13 08:53 | 音の森音楽院 | Comments(0)

f0011022_13124178.jpg



おはようございます。昨日とうってかわって晴天な土曜日!

朝、玄関の絵を変えてみた。
明るくなった。


猫は、沢山の芸術家のイマジネーションを助けてる。

Reonard Fujita 藤田嗣治
加山又造
ダリ
ラヴェル
ピカソ
ジャン コクトー
クリムト
などなど
書き出したらキリがないほど。
恐るべし猫さま。

沈黙して、ジッと見つめ独特のオーラをだしている。
今は撫でて、今はこないで、あっち行って、お腹すいた、
寂しかったのに・・・とか。


こないだ、ゴンをつれて1日外出してたら、ソフィーはなんだか元気がなかったらしい。そして、戻ってきたゴンの頭に噛み付いた^_^;



グレングールドは大の犬好き。






iPhoneから送信
[PR]
by mamopy26 | 2015-06-06 13:12 | 音の森音楽院 | Comments(0)

f0011022_10355530.jpg





今朝もとても素敵な青空です。
今から長崎の活水女子大にレッスンに行ってきます。

さて、脱力は大事とよく言われます。
一言で脱力といっても難しいこと。

まず、小さい子は手がちいちゃいし、骨もまだやわんやわんだから、まず音を出すことが大変。

いつも言うことは、”小さい音でいいのよ”

昨日は、すごく音楽的で上達してる女の子。どうしても軽やかな音にしたい。でも5の指がキュッと縮まったり、2の指が鉛筆みたいにつきたったり。この力の入り具合を取らないと軽やかするのは難しい。絶対しないと!

3連符一つにメトロノームをゆっくりめに合わせ、あまり強くない音で、しかし鍵盤の底を意識してもらいながら。試行錯誤しながら、それをスタッカートですることで、指の縮まりなどがなくなった。
上から、手毬をつくように。ちょうど、手の中に握った泥団子みたいなのを、地面にポンポン落とすイメージ。力も落ちていく。
来週も脱力を頑張ろう!

やはり、イメージを持って、教える側が諦めないことかも。

さて、今日は大学のレッスン。頑張ろう!
写真はお庭に咲いたストロベリーアイス!綺麗!




♪ アナリーゼの会、再開予定!♪




iPhoneから送信
[PR]
by mamopy26 | 2015-05-20 10:35 | 音の森音楽院 | Comments(0)