<   2006年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

嗚呼、かの姿は…。

f0011022_12485964.jpg

生徒さん達を癒してきて10年、ゴンちゃんに振り回され可愛がられた数か月、あの穴熊君は今や尻尾だけとなってしまいました…。
[PR]
by mamopy26 | 2006-06-30 12:48 | 音楽について雑記 | Comments(0)

久しぶりの晴れ散歩♪

f0011022_1159612.jpg

f0011022_1159675.jpg

ずっとひどい雨降りが続いたけど今朝は久しぶりに晴れ♪それに名古屋に行ってた時、いつものホテルでお留守番だったから本当に本当に久しぶりの仲良し散歩♪ウキウキのゴンちゃん、だいぶ暑いけどいいもんね!グラウンドの上のとこでお友達の“つくし“君とご挨拶。つくし君はコーギーが混じってる風のかわいい“小さいものクラブ“だけど全然どでかいゴンちゃんを恐がらず嬉しそうに近付いてきてくれる。嬉しいね♪それにしても蒸し蒸し暑い。ゴンちゃん、舌出しててハーハー。しかーしこのハーハーが私…大好きなのです♪特に口の横から狼みたいにダラーッとたらしてる姿がホレボレするほど好き♪やっぱり変?
[PR]
by mamopy26 | 2006-06-27 11:59 | 音楽について雑記 | Comments(2)

鵜飼い♪

f0011022_12304727.jpg

f0011022_12304782.jpg

すこぶるすぎる晴天の中、至る岐阜へ。鵜飼いの舞台となる長良川沿いの岐阜グランドホテルに到着。ホテル全面には頂きにかの岐阜城を冠する原生林の金華山。眼下にはなだらかで悠然と流れる長良川。心がすっと開放される美しく優しい自然が広がる。午後…これ以上の幸運はない程の晴天だが若干暑すぎ…昭和村へドライブ。そしていよいよ5:30に鵜飼いの屋形船に乗船。冷暖房、トイレ完備のゴージャス船でお食事し、昨日と同じくリラックス、大賑わいで、近寄ってくる花火売りの小舟から花火を買ってポンポン飛ばしたり、屋形船付属の小舟でその場で焼いた鮎を食べたりしながら辺りも暮れなずんで来た7:45、長良川両岸に40艘ほどの見物の屋形船が居並ぶ中、いよいよ鵜飼い舟が篝火を焚いて登場。岐阜の鵜飼いだけ全国で唯一の宮内庁職の6人の鵜匠さん達が操る鵜達。目の前で見せてくれた後、6艘が昔ながらの漁の仕方で一斉に鮎を追い込む。夜の帳の中、燃えたつ篝火、ゆるやかに進む何十艘もの舟、幻想的で優美な日本の美を堪能させてもらった。2度と味わえない夜となりました。お世話になった皆さん、有り難うございました♪
[PR]
by mamopy26 | 2006-06-25 12:30 | 音楽について雑記 | Comments(2)

名古屋♪

f0011022_1147095.jpg

f0011022_1147016.jpg

昨日は久留米・大雨の中、名古屋に出発。守氏の昔からのお友達からの依頼で“全国住宅火災防止協会“のパーティーでの演奏のため。男の方ばかりの心ざし高く厳格なる雰囲気でスタートしながら気がついたらすっかりリラックス、フレンドリー、大賑わい。表彰されてる人にセンターのアレンジメントフラワーをどんどん引っこ抜いて花束としてあげってっちゃう底抜けな明るさ。名古屋の気質なのかこの団体の気質なのか明るく元気が良くて上昇気流を感じる楽しいパーティーでした。写真は引っこ抜いていかれたセンターフラワーの証拠写真とお友達のESP社長の木村千代子さん、守氏、鬼塚さん。ESPはアルフィーの高見沢さんのコレクション・エンジェルシリーズなどで有名なギター専門店。とっても楽しく開発的な方♪さて明日は鵜飼い。お天気はすこぶる良さそう♪
[PR]
by mamopy26 | 2006-06-25 11:47 | 音楽について雑記 | Comments(0)

f0011022_1941878.jpg

今日は心配だった子がレッスンに来た…。ホッとするやらしないやら。何ごともなかったように妹とピーチクパーチク。兄弟姉妹っていいな。私は一人っ子だから…そうです“一人っ子クラブ“会長です…わからないし、羨ましい。世の中にそんな存在がいるって素敵だし心が暖かくなる。“兄弟なんていないほうがまし!“なんて言う人いるけどやっぱりいいなぁ♪でもみんな元気で良かった♪楽しそうに笑ってて良かった♪
[PR]
by mamopy26 | 2006-06-21 19:04 | 音楽について雑記 | Comments(2)

鵜飼いになりますか?

f0011022_14192786.jpg

昨日は半日ヴァイオリンの伴奏合わせ。微妙に色味の違う、姿美しいヴァイオリン。レッスン室のそこここに置かれてるだけで通常と一変した空気になる。幼い頃、超一流のヴァイオリニストのレコード(当時はレコードだけ)に合わせて、空気ヴァイオリンで熱演してたのを思い出す。空気ヴァイオリンは無傷で済むがー何しろ空気だからーバレリーナになりきるのは危ない。予想通りの捻挫。捻挫といえば、極端に運動神経が劣ってる私が、もちろん逆立ちも何も出来ない私が中学の体育の時間に“バクテン出来る人?“という問い掛けに“やってみる!“と。予想を裏切らず捻挫。なんだか出来るような気がするのです…。前段階の逆立ちが出来ないくせに。そういえばフランスの貴族の御婦人に話しかけたくて、とりあえず英語で話しかけた時もそうだった。御婦人が本来のフランス人らしく全く英語がだめでどうやってコミニュケィション取ろうかと考えてる時、頭の中で“頭のどこかにフランス語が必ず入ってるはず。大丈夫、どこかから出てくる“と思いこんで必死になってる自分に気がついた。“あなたのどこにフランス語が入ってるんですかっ!“ 似たような事が
今朝の出来事。今週、名古屋に演奏で行った折、岐阜の鵜飼いに連れてってくれるとのこと。その時の服装がここ2.3日気に掛かってる。そこで守氏に今朝相談した。“鵜飼いの時、汚れるかなぁ。水飛沫かかるかなぁ。“ 守氏“…。あんた、自分で腰蓑つけて帽子かぶって鵜を操るつもり?“ “あっ…“ 何かそんなことも有り得るかもと思ってる私。そういった信じられない思考回路、精神科の先生に言わせれば“神経のどこか何かの欠落、もしくは障害“となるのかも。先日、ある見目麗しい奥方から精神科医のご主人の書かれた本をいただいてはまり込んだ…そのお陰でもともと乱視がひどいのに昨日の伴奏合わせでは#とナチュラルの判別不能状態。その中で黒柳徹子さんの幼い頃の落ち着きのなさは今だと“・・多動症“と診断されるらしい。ご自身の特性をプラスにした例だそうだ。たいていの人は自分が優れてはいなくても障害は持ってないと思っているだろう。が、その人の個性というものが大きくプラスにでるかマイナスにでるかの違いで、皆それぞれどこかしらに欠落などを持っているのかもしれない。私は幸いにしてこの調子っぱずれな思考
回路やラブラドール犬的なテンションの高さを押さえつけなくて良い世界に進んだってだけのことだろうな。注)本が気になる方は富田伸著“精神科医のビョーキ“
[PR]
by mamopy26 | 2006-06-19 14:19 | 音楽について雑記 | Comments(5)

今日のお母ちゃんはなんか馬のようにピアノ練習してる、じゃなくてし始めた。増殖を続けていたヴァイオリンの伴奏譜にどこか放心してるのか開き直ってるのか、なんだかのんびりデラデラしてたけど、昨日の伴奏あわせでさすがに”ヤバッ!”。お父ちゃんに、大声で・・”だって、突然増えたリサイタルの分があるから、それも大曲ばっかだから・・・。束だよ、束!楽譜の束!”・・・”出来ない・・・” と喚きながら肩を落としてる。でも、さっき、弾きながら居眠りしてた・・・。なら、寝れば良いのに。母ちゃんも馬鹿だな。お父ちゃんは今宵は”遠方の友、来たりて”で呑みに行くらしくてルンルン。ふ-ん、いろいろだね。僕はとりあえず・・・
  
   さ ・ ん ・ ぽ に 行 き た - い !!!

  お母ちゃん  さ ・ ん ・ ぽー!
    
                        ゴン蔵 独り言。
[PR]
by mamopy26 | 2006-06-16 16:48 | 音楽について雑記 | Comments(6)

祝♪

f0011022_9321748.jpg

f0011022_9321796.jpg

昨日は16年来のお付き合い(最初に次男君から今は3男君とずっとピアノに通ってきてくれてる)の“どい内科クリニック入院棟・デイケアセンター竣工記念パーティー“ー筑紫野市光が丘ーにお祝いを兼ねて演奏に守氏とヴァイオリンのひろよちゃんと行ってきた。機能はもちろんのこと、家具や装飾も含めて、体だけでなく心も癒してくれるような素晴らしい施設が出来ていた。パーティーには100人あまりの人がお祝いに集まり賑やかな記念式典となった。本当に長いお付き合いになるが、お父さん(土居院長)は穏やかでにこやかで、先生の優しい笑顔を見れば病気も治ってしまいそうなお人柄。お母さん(院長夫人)は華やかでここらへんではあまり見掛けないような魅力的な方。さっばりとした性格で毅然としており、3人の男の子達をおおらかに育ててらっしゃる。これだけの大仕事が無事にスタートをきれたこの日、どんなにか感慨深いことだろうと思う。土居院長の暖かなまじめさと奥様の行動力でなお一層大きな発展をとげるであろう。上の写真は見にくいが鏡開き。下はいただいたカサブランカ♪
[PR]
by mamopy26 | 2006-06-12 09:32 | 音楽について雑記 | Comments(0)

素敵な夜♪

f0011022_21185869.jpg

昨晩はひとみさんのご主人のフランチレストランに守氏とデザイナーの江口さんと3人で行ってきました♪初めて七隈線に乗って六本松下車、5分くらい歩いて到着♪七隈線はグリーンが基調でかわいらしいんですね。レストランの名前は“カルト・ボステル“ポストカードという意味♪7.8人がこしかけられる、L字型カウンターのみの小綺麗なセンスの良い店内。ご主人であるシェフは最初ちょっと人見知りさんかな?って感じの方で…でも馴れるとたくさんお話しされる方…メニューはおまかせ。お料理スタート!なめらかで爽やかなトマトのムース。さっばり、しっとり、美味しい♪次はトーストしたパンの上にフォアグラのテリーヌ♪しっとり、少しスパイシーで絶品♪そして味の深みのあるとても美味しいブイヤベース♪それから子牛のソテー、おいちかったー♪ブルーチーズがあってデザート♪ワインは白ワインからお薦めの赤ワイン“ブルゴーニュ・ピノ・ノワール“シェフから楽しみかたを教えていただきながら3人であーだこーだとしゃべりまくった♪美味しくて楽しい夜でした♪幸せ…。おご馳走様でした。
[PR]
by mamopy26 | 2006-06-10 21:18 | 音楽について雑記 | Comments(4)

一時の安らぎ?

f0011022_21554663.jpg

ここんとこ大変。何が大変って日に日に増殖を続けるヴァイオリンの伴奏譜も大変だけどそれをすら押しやるほどなのがCD製作。何しろど素人。どう大変なのかも何が必要なのかもわからず、カバーデザインと一言で言っても(ついこないだまで一言で簡単に言ってた…)形になるまでひたすらややこしい様でまるで蟻ん子を選別してるみたい。いろいろ説明していただいても私たちがプレスも印刷もパソコンも疎いので頭上に燦然と輝く?マーク。おおまかなデザインや楽曲説明をまとめて、とりあえず見積もり。なーんにも考えてなかったけどCD製作って…お高いのね…。版権の問い合わせなんかで1日潰れて本当に増殖中の伴奏譜は押しやられてる。そんな中、お誘いをいただいて鷺山先生のお宅に遊びに行ってきた。すごく素敵で優雅で、美味しいケーキ焼いていただいてて…時を忘れて…弾丸の様に二人でしゃべりまくった。“お前たちは無人島から来たのか“って勢いで。あっ、ちっとも優雅っぼくない。生憎の雨だったけど楽しかった♪
[PR]
by mamopy26 | 2006-06-09 21:55 | 音楽について雑記 | Comments(2)