<   2008年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

来たー!CDも風邪も…。

f0011022_6144613.jpg

待ちに待ったAlexandre Tharaud(アレクサンドル・タロー)のCDが到着。三日前にタローさんの”ミヨーのソロアルバム”到着。後残るは同じくタローさんの”RAVEL集”を待つばかり。ナクソスから出てるPOULENCの室内楽シリーズで虜になったタローさん。と、ご機嫌なわけですが、実はここ一週間風邪でぐずぐずしてるのです。2・3年振りに風邪ひいたーと自慢気に話してましたが、本日、病院に行ったら、先生”去年も六月にきてますね。人間っておんなじような時期に風邪ひいたりするんでしょうね”…あれ?すっかり忘れてて、自分のボケのほうが心配かも…f^_^;
[PR]
by mamopy26 | 2008-06-26 06:14 | 音楽について雑記 | Comments(6)

在りし日のダンディ。

f0011022_11291390.jpg

f0011022_11291457.jpg

ゴン君の最初のお友達であるボクサーのダンディが、日曜日に天国へいきました。11才でした。若い頃はそりゃそりゃ、ワルだったそうですが、私が会った時はもうすでに優しいダンディでした。ダンちゃんのお陰でシェパードのビーちゃん、ジョンちゃん親子、その飼い主の”おっかあ”に出会えたし、キャンプも行けたし、ワンコの運動会も経験できた。”大きいものクラブ”の入口的存在。ボクサーの品評会では”土佐犬が来たぞー。””牛が来たぞー。”と言われるほど大型のボクサーだったらしい。断尾はしてるけど、一年以上にも渡って過度なストレスがかかるであろう断耳をしなかったからか、大きく育ったのかもと飼い主さん達は言ってました。おーおきな体でおーおきなドングリ眼にピンと立ったお耳でなく、タランと垂れたお耳。なんとも優しく愛嬌があったダンちゃん。お別れに行った時、横たわったダンちゃんのお耳が真っすぐ立ってて、1番ボクサーらしい精悍な姿で旅立ったね。お尻をポンポン叩かれるのがこの上なく好きなダンちゃん。有り難うね。天国でみんなと遊んでね。
  写真は在りし日のダンディと”大きいものクラブ”の面々。ゴン君、なんでフィアンセのビーちゃんから目をそらすのf^_^;手前右がピーちゃん、左がジョン義母様。
  下の写真はダンディ兄さんから犬のなんたるかを教わるゴン君。
[PR]
by mamopy26 | 2008-06-24 11:29 | Comments(6)

ピクルス♪

f0011022_921318.jpg

あちこちから頂いてるきゅうりでせっせこピクルス作り。最近、ゴン君連れで実家にお泊りが多く、そこで出てくる手作りピクルスが気に入った守氏、”おうち(実家のことを通常”おうち”と言ってるのです)みたいな朝食がいいなぁ” ということで作りだしました。酢も取れるから体にいいし爽やかです。今日はテンコ盛りに作りまして、写真は、あまりに見苦しいのできゅうりを取り出してパシャリです。今度は玉葱とパプリカもしてみよう!
[PR]
by mamopy26 | 2008-06-23 09:21 | 音楽について雑記 | Comments(4)

第4回音の森音楽塾

f0011022_15371397.jpg

f0011022_15371370.jpg

f0011022_15371322.jpg

本日、雨の中、第4回目・音の森音楽塾・アナリーゼの会…お題は”ショパンの哀しみ” 沢山の方にいらしていただき、二部にわけて無事に終了いたしました。”小犬のワルツ”を教材に奏法とかペダリングなど、みんなで考えてみました。そのうえ、S山先生が手作りのグレープフルーツジュレを30個も作ってきて下さって…(^O^)美味しいこと、爽やかなこと!お勉強の後、みんな幸せそうに召し上がってました。有り難うございました。お部屋にはかおるちゃんが抱えてきてくれた沢山のお花が和ませてくれました。有り難うございます。写真はお気に入りの古伊万里のおなます皿にS山先生のジュレをのせてみました♪

皆さん、大雨の中、有難うございました。

 次回の予定です。(皆さんに差し上げた予定表が間違ってました。ごめんなさい。)
  
     *正しい予定表*
 
   8月3日(日曜日)1:00より
      初級編  ”ブルグミュ-ラ-”&”ソナチネ”
                       

   8月24日(日曜日) ”第2回目・ショパンの哀しみ”
      1:00 中級編 ”幻想即興曲”または”雨だれ”
      3:00 上級編 ”バラ-ド1番”
                       
                          

         是非 いらしてください。
      
   
[PR]
by mamopy26 | 2008-06-16 15:37 | 音の森音楽院 | Comments(4)

晴れた日に…

f0011022_744629.jpg

大好きだった叔母が亡くなりました。安らかに旅立ちました。余命三ヶ月と宣告されてから二年経って、みんなに囲まれて、孫達にも囲まれて逝きました。幸せな人生だったと思います。私の母が18の時、祖母が亡くなり、二歳しか違わない姉である叔母が、軍人で厳しい祖父の世話と妹二人の母親替わりをし…いろいろ苦労してるらしい。私の知ってる叔母はいつもゆったり話しを聞いてくれて、温かく包み込んでくれた。働いてたお嫁さんの代わりに孫達の世話を本当によくしてた。今、その孫達からの考えられない位、温かな心からのプレゼントを沢山、沢山受けながら、囲まれて逝きました。叔母の何より凄かったのは、闘病中、泣き言ひとつ言わなかった。宣告されてはいなかったが、自分の命がもう僅かとわかっていながら笑顔を浮かべてくれてた。なんだか、市井の人の、偉大な先生と崇められている人でない有り触れた人の人間としての強さ、魂の清らかさに触れることが出来た最期だった。
お疲れ様でした。
そして、強がってばかりで弱虫の私の母の支えになってくれて有り難うございました。
おじいちゃんに会えるね、おばちゃん。
私は会ったことのないおばあちゃんにも会えるね。
またね。
[PR]
by mamopy26 | 2008-06-14 07:44 | 日々の生活について | Comments(8)

二者揃い踏み!

f0011022_937698.jpg

例の黄色いアヒルもやってきました。どこが違う?って色だけ!っと心で思いましたが、 表だけで判断してはいけません。何事も中身が勝負。黄色いのはただのウェットティッシュで水色は赤ちゃんお尻拭きウェットティッシュ。確かに…違うf^_^; うちの場合は両方共、ゴン君の足拭きティッシュですが。二つの入口から、ばい菌をシャーット アウトッ(^O^) その前に家の中がばい菌だらけのごみだらけf^_^; とりあえずアヒルファミリーが揃ったというわけです。
[PR]
by mamopy26 | 2008-06-13 09:37 | 音楽について雑記 | Comments(4)

梅雨の楽しみ

f0011022_1342090.jpg

f0011022_1342053.jpg

すっかり梅雨。それも昨日なんぞ、バケツひっくり返したみたいな土砂降り。うーん…雨が降らないのも困るけど、ひどい雨は恐怖を感じる。事実、雨災害も出てるし。
昨日、ゆうきちゃんのレッスンでの会話・・・。
   ゆ; ”私、1番好きな季節が梅雨です。”
     私; ”私は嫌いだなぁ”
   ゆ; ”エーッ、ショックー。先生、雨好きだと思ったー。
 なんか可笑しくて可愛かったな。

  そんな梅雨の晴れ間、ゴン君連れてケーキ買いに”きのと”へ。ゴン君はもちろん入れないから、外でお父さんと門番。

  写真の紫陽花は我が”雑草園”に咲いたもの。欝陶しい雨の中、鮮やかな色合い。
          梅雨は梅雨の楽しみですね。
[PR]
by mamopy26 | 2008-06-12 13:42 | 日々の生活について | Comments(4)

犯人は誰?

f0011022_1221963.jpg

先週の日曜日のこと、部屋を出て片付けしに行ってたら、うっかりこっそりある御婦人がついてきてた。(反省点1・ドアを開けっ放してしまった) 戻ろうとしないので、あろうことか、御婦人の首ねっこを引っ張りあげた。ここで一発、その御婦人騒いだ。(反省点2・ここでやめたほうがいいよ、という心の声があったにもかかわらず、このくらい組み伏せると考えてしまった)御婦人の生物学上 属しておられる”種”の恐ろしさを甘くみておりました。もう一歩踏み込んで押さえつけたが早いか、手首におっきな毛皮のブレスレットが巻き付いたかと思うや…あっ…爪が食い込んで…裂かれてる…御婦人の前に完敗を認めるしかありませんでしたm(__)m あっという間にズキズキ、パンパン。真っ赤に腫れて熱を持ってしまいました。御婦人は何事もなかったように、美しい毛を撫で付けておられた。というか、かの種は何事もすぐお忘れになるようでf^_^; 病院に行きました。友達がほってて ばい菌が骨を侵食し、骨髄炎になったので恐ろしくて・・。でもその友達曰く、”朋香は心配症ですぐ病院に行くから大丈夫。”だそうで、その通りに、そそくさと行ってまいりました。 あっ、その前にうっかりこっそり、痛い手のままウフフのレッスンに行ってしまいましたf^_^;  呆れた(>_<) ・・で、お陰様でもう痒くなりましたので大丈夫です。ここに公表いたしましたのには訳があります。絆創膏スタイルを見て、まず”練習しすぎて腱鞘炎ですか?”と心配して下さったり ”ゴンちゃんですか?”と心配してくださるので…。練習は全くし過ぎてませんf^_^;  ゴン君はいたって穏やかな子です。以前、守氏も手の甲をやられ、林檎のように赤く腫れました。それを見て”おっかしー(>_<)ゲハゲハ”と笑い飛ばしてたら、ちゃんと罰が当たりました。その時も彼の御婦人でした。 ”おまえ達、わたくしに物申すなど、100年早いわっ!”ということでしょう。皆様、高貴な御婦人にはくれぐれもお気をつけあそばせ。
[PR]
by mamopy26 | 2008-06-09 12:21 | 日々の生活について | Comments(14)

あら、びっくり!

f0011022_10383119.jpg

玄関の下駄箱に乗っかってるコレ。生徒さん達はご存知のもの。ゴン君の足拭き用ウェットシートの入った…アヒルさん。ところがっ!初めて今日テレビのCMを見たの。コレのCM。ニャニャンとアヒルではなく…ペンギンだった。ペンギンに見えますか?口がどうやってもアヒルでしょ?でもアヒルは黄色いのが別にいたわけだ。ペンギンなら…グレーか黒白、もしくは岩飛びペンギンのように、目の横あたりに赤と黄色いとかの尖んがりがなきゃねぇ…。仕方ないか。そうゆう訳で、ゴン君の足拭きペンギンでした。
[PR]
by mamopy26 | 2008-06-01 10:38 | 音楽について雑記 | Comments(6)

”錦松梅”と”絵巻展”

f0011022_7215885.jpg

f0011022_7215991.jpg

不思議な事の成り行き、いえ、不思議に見えてもそれは必然で、物事は見えない流れを緩やかに進んでるのだろう。全てその流れに身を委ねる潔ぎ良さが欲しい。自然であれってことかなぁ。
本日は九州国立博物館に”国宝大絵巻展”を見に行ってきた。遥か昔、平安時代の絵巻。金や赤、緑、色の鮮やかさに驚いた。繊細な筆使い。今もまだ色褪せない艶やかな彩色。その昔の、日本人の芸術性の高さに憧れの眼差し。帰りは太宰府の参道でお煎餅を山盛り買った。完璧な日本人f^_^;
写真は今年も元気に咲いた”雑草園”の錦松梅と新緑の太宰府天満宮。
[PR]
by mamopy26 | 2008-06-01 07:21 | 音楽について雑記 | Comments(7)