「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

f0011022_10574659.jpg

f0011022_1057466.jpg

思ってもいなかったクリスマスプレゼントが届きました。ビーちゃんのお母さん配達によるマカマノママからの手作りプレゼント。ウレピィ。なんかみんなに良くして貰って鼻たらしながら幸せを感じてる私です。
茶ラブ・マカイ君、黒ラブ・マノアちゃん、フラットコーテッド・ケオニくんのママ。いつか会いたいなぁ。

  アップの写真は
   世がよなら必ずややんごとなき御方であろうマカイ殿。物に動ぜじおおらかなる風情。
    右の御眉をピクリと動かせしお姿、真実を見極め見通す御力を持たれし証し。
        柔らかなる面差しには民衆を幸せに導くであろう気高き気品すら感じます。
                                                感じます?

              有り難うございます。ウフッ。
[PR]
by mamopy26 | 2009-12-28 10:57 | Comments(6)

ニューハウスf^_^;

f0011022_14551918.jpg

トレーナーの先生が、ゴンが私たちの動きばかりに気が行って集中力がないから、暗い落ち着ける場所にするため今のゲージを板で囲んでください…ということで、先生はベニヤで安ーくできますとおっしゃってたんですが、ど素人が作って超ダサイのは嫌なので…頼んでしまったf^_^; ついでに三角屋根までf^_^; ものすごく…値段がかかったf^_^; でも可愛くなったー(^0^)/ 赤いブルガリアのテーブルクロスをかけて MERRY CHRISTMAS!になりました。アホなわたし。

ゴン君はこないだのレッスンで驚くほどの進歩があったのだー。嬉しい。
でも…ついに私は風邪ひいた(-.-;) 今日は祝日だけど診察に行くのだ。だって明日、ボランティアで演奏してその夜、二日市の実家でクリスマス会。そして金曜日、土曜日レッスンして日曜日はバレエの公演見に行くんだもん。熱は出てもらったら困るのだ。頑張るのだ。


そして 時がたって…。
しっかり熱が出ました(-.-;) 下がらない(>_<)
バレエの公演も行けない…。イヴはケーキやらお肉やらを買ってたしさして熱がなかったから実家にゴーしたけど、実家に着いたときは38度。ギエー(>_<)嫌だー(>_<)
そして下がらない。でも咳もでないしインフルエンザじゃなかろうと思われます。
[PR]
by mamopy26 | 2009-12-25 14:55 | 音楽について雑記 | Comments(0)

クリスマス会

f0011022_982764.jpg

日曜日(12/20)は重度身体不自由者施設の北野学園のクリスマス会にボランティアで演奏してきました。理事長がカトリックの信者さんで学園の中にはマリア像やイエス様の絵などが沢山飾ってある。
ご縁があって二回目だけどあまりの賑わいにびっくり。ご家族、地域の方々、地域の子供達で大賑わい(^0^)/ その学園は副理事長さんが本当に"ここが家庭、家族には到底なれないけど少しでも家族と一緒にいるみたいに居心地がよく感じて欲しい"と一生懸命。とくに食事に気を使ってらっしゃる。無農薬で、既製の調味料をなるだけ使わずだしをちゃんと取って、楽しく美味しい時間を過ごしてもらいたいという思いで研究してらっしゃる。野菜は学園の生徒さんたちの能力をあげるために、そして自分たちもみんなのために働いてるという生きがいのために畑を持っていて栽培してる。実際、弾いたあと、副理事長自ら味付けしてるおでんや山菜おこわをいただいたけど美味しかった。訪れてる沢山の方々にカレー、おでん、ケーキ、おこわ、焼鳥…沢山振る舞われていた。
本当に楽しい時間をいただきました。有り難うございました。また来年も弾きに伺いますー(^0^)/

でも…後で知りました。下関のシェパードのりょう君がお星様になりました。とても大きなシェパードでよその人に媚びるなんて皆無で、私なんて怖がっちゃう迫力。でも怖がってる私の足元に乗っかるように座って…知らんぷりしながら座って"おばあちゃん、大丈夫だよ"って優しいオーラを背中から出してくれる。知らんぷりしながら…堂々たるシェパード男子で、すごく繊細で優しいりょう君だった。パパそっくりのりょう君だった。知らんぷりなのにすんごく優しくて繊細なパパそっくり。
これからお空からパパとぽっちゃり可愛いママと妹シェパの小春ちゃんを見守ってね。
で、もう会えたかな?ジョン母さんと。

りょう君…知らなくてごめんね。胸が痛い。ごめんね。
おやすみ。またね。
[PR]
by mamopy26 | 2009-12-22 09:08 | 音楽について雑記 | Comments(2)

おばあちゃん揃い踏み?

f0011022_16263270.jpg

マスタークラスの時。
なす専務のベイビーをピアノ部門・ブルガリアのおばあちゃんと日本のおばあちゃんで記念撮影。まだ生まれたてなのよー。かわいいの。この後、火がついたように泣く中、ママ・なす専務はザカリエバ先生のレッスンを受けてました。偉い!

こんなにピアニストに抱っこされてるんだから、僕、ピアノするのよ!バッハコンクールにも出るのよー!
[PR]
by mamopy26 | 2009-12-21 16:26 | 音楽について雑記 | Comments(2)

嵐のような日々を、体力の限界を感じながらも気力のみで突っ走りました。
13日のコンクール前三日間、ブルガリアのピアニスト・ザカリエバ先生のマスタークラスを自宅で。ヨーロッパの奥深い音楽性で沢山のコンクール参加者のレッスンをしていただきました。その間、守氏はお昼ご飯の準備(守シェフの料理はザカリエバ先生なお気に入り!) 私はマスタークラスの通訳。で前日に守氏とS山先生が韓国の先生と生徒さんたちをお迎え。本当に今年は海外からの受験者がきてくれて嬉しくワクワクだったけど初めてなので受け入れ体制が二転三転して大変でした。韓国の先生がこれまたフレンドリーでみんなぐっと和んだ感じ。

いよいよ当日。前日からスタッフの方々がきっちり仕込みをして下さってて、打ち合わせもバッチリで、昨年とはまるで違う流れの良さとすきっとした空気。

とにかく…毎年レベルがあがってるのは間違いないようです。
素晴らしいコンクールが終了し、前年度一位受賞者の披露演奏会もブラボーがでたりして素敵に終わり、審査発表の前になんとザカリエバ先生がみんなにプレゼントとということで演奏してくださいました(^0^)/ 素晴らしいハイドン。改めて尊敬と憧れ。もちろんブラボーの声。

そして審査発表。嬉しい笑顔あり、悔しい思いの人あり。でも皆さん、素晴らしかったんです、自信もって胸を張ってください。バッハという美しいが厳しい作曲家の曲。取り組むだけで間違いなく実力がつきます。大きなコンクールを受けるかたは必ず真剣に取り組んでますが、そうじゃないかたがたもこのコンクールを受けてくれて確実に実力をつけていってくれてることがなにより嬉しい。フランス語、韓国語、英語が飛び交うインターナショナルなコンクールとなりまして、ますます今後が楽しみです。今年、このコンクールの格をあげてくれたもう一つに木工作家の馬場勝としさんにバッハコンクールのために彫っていただいたトロフィー。気品があり見事でした。

遠方からお越しのザカリエバ先生、朱 英牧先生、審査員の先生方、スタッフの皆様、有り難うございました。

何より頑張って練習を積んで臨んで下さった皆様、そしてこのコンクールを支えてくださってます協賛の方々、本当に有り難うございました。

来年もより良い、また活気に満ちた新しい表情がお見せできるよう頑張りますので宜しくお願いいたします。
まずはお礼とご報告まで。
[PR]
by mamopy26 | 2009-12-20 18:32 | 九州国際バッハ音楽コンク-ル | Comments(4)

f0011022_16565667.jpg

f0011022_16565683.jpg

いよいよ国際バッハピアノコンクールも一週間後となりました。いろいろあります。アクシデント、トラブル…しかしそれはあるべくしてあるもの。予定や路線変更してるように見えて実は収まるべくして起こることだと思います。コンクールに向けて練習を積んでる参加者のためにも何があってもやり終えないといけません。何より、この不景気にも関わらず昨年以上の協賛の方々がいらして下さり、有り難いばかりです。…………………毎年、このような大きなEVENTをすすめていると感じます。人間の考えを遥かに越えた見えない力を。それは生きてるかたの思いであったり、守ってくれてる存在だったりいろいろですが、自分を越えたところでの大きな動きを感じます。
その変化を感謝を持って受け入れ、自然な心でいれるようでありたいです。
ザカリエバ先生のマスタークラスが木曜日からスタートしますが、"山下農園"さんのアレンジメントも新しくなり準備が整い始めました。
上の写真が表玄関。下のが奥の玄関を彩ってくれてます。
[PR]
by mamopy26 | 2009-12-06 16:56 | 音楽について雑記 | Comments(0)