<   2010年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

twitter的つぶやき

土曜の夜・・・発熱。最近しんどかったんだけど。ついに。38度になったとき怖くて解熱剤をのんだのだ。こんな時つくづく思うな。健康が1番。なにより1番。日曜なのにいっつもお世話になってる小川先生に診察してもらった。先生には守氏のお母さんが夜中12時に駆け込む。ザカリエヴァ先生が早朝5時に駆け込む。娘のダリナがまたまた駆け込む!って具合に本当にふざけた時間のふざけた曜日にご迷惑かけてます。おじいちゃんなんだけど・・いっつも診察してもらってもどこが悪いんだかわからずじまいだったりするけど、ここぞって時は目がさめるの。例えばパリに行く前の細菌性感染症のときとか。動きが早い早い!
  今日も・・・。
 私”ただの風邪ですか?”
 先生”・・・・・・シ---ン。私は白内障の手術をしましてね”
 私”はあ・・・””お大事に”
 でも、帰り際に。
”もう治りかけてる顔ですね” ・・・これなんだ経験からくる狂いのない勘。多分・・狂いないと思う・・・。


            ネンネします。
[PR]
by mamopy26 | 2010-11-28 19:19 | Comments(0)

蜂の仕返し。

f0011022_167959.jpg

ただいま我が家はバッハコンクールの忙しさの中、掃除、いらないもの捨てに燃えてますの。諸事情が重なり初めて和室にバルサンを焚きましたの。ちなみに和室の隣は母屋のレッスン室。で、そのレッスン室、防音材のために天井が若干たわんで、工事のため一画の天井が穿たれてましたの。さて、先刻申しましたようにバルサンを焚き、数時間たったころ、練習しに行き結構集中なんかして弾いてましたの。そしたら目の前を横切る無数の影…にゃにゃんと足長蜂の皆様が大挙して我がレッスン室に乱入なさってるじゃありませんか。いきなりなその乱入にいささか頭にきた私は雑誌でバッサバッサと叩き落としましたの。あまりの簡単な討ち死に自らの力を信じて疑わなかったのですが、戦い終わって落ち着いてみますと紛れも無いバルサン効果。天井裏に敵軍の城があったのでしょう。レッスン室の床に討ち死にした兵士たちの痛ましげな姿。ということは穿たれた天井からのバルサンを私も吸っていたということ…。しかしそこは蜂に比べてはるかに巨体。戦いの後の興奮に浸るくらい元気

この話し、ここで終わってはおりませんの。天井の工事も終わり、穏やかな休日の朝、そう本日の朝。わたくし、レッスン室の窓を拭いておりましたら突然ふくらはぎあたりにチカッ。そうなんです。残兵が狙っていたのです。わたくしが一人、無防備でいる時を。"ぎゃー!刺されたー!来てー!"と守氏へ叫ぶ。まだふくらはぎに兵士が…守氏に聞こえなかったら…という不安にまた一段と声を張り上げ助けを求めましたの。すわっと駆け付けた守氏が箒にてぶった切ってくださいましたが、後で聞くに蜂より私の叫ぶ声のほうが怖かったとのこと。一言…"可哀相な蜂…"
そして感心したように"やっぱり虫によくやられるんだね"
そうなんですの。人間の男の方にはあまり寄っていただけないんですが、虫によくやられますの。
そんなわけで虫の復讐に恐れおののいた一日でした。
[PR]
by mamopy26 | 2010-11-23 16:07 | 音楽について雑記 | Comments(0)

twitter的つぶやき

バッハコンク-ルのプログラム作成をパソコンで打ち込んで・・疲れ果て・・フ-ッツしたとき・・・間違って削除ボタンプッシュ!ゲ-------!・・・・・最悪。消えた・・・。ショック・・・・・。
[PR]
by mamopy26 | 2010-11-22 11:06 | Comments(2)

天空の響き…。

f0011022_234269.jpg

こないだ買ったCD…はまりました。
Gabriel Faure(カブリエル フォーレ・フランス音楽を代表する作曲家。パリ音楽院の学長まで勤めた。) フォーレ作曲のレクイエム。指揮はアンドレ クリュイタンス。オケはパリ管の前身、パリ音楽院管弦楽団。
レクイエムらしく重厚なスタート。そしてまさしく3曲目の"Sanctus"で題名通り聖なるかな、天使が舞う清らかな風にのって天上の響きを思わせる美しい合唱。美しい曲が続き、苦悩に満ちた"我を許したまえ"のあとの最後の曲"楽園にて"
もう光り輝く天使たちに伴われて天国に導かれる境地。美しいの一言。ユイスマンの三部作の最後"出発"の中で、主人公が心の旅を続け漸く辿りついたフランス片田舎の社会との交わりを遮断した修道院で遭遇した奇跡。敷地内の池…水面にうつる岸辺のキリスト像、そこにスーッと通り過ぎる蜻蛉。主人公はそこに神を見た。神とともにいる至福を体中で感じた。その軽やかで清らかなシーンがフォーレのレクイエムで脳裏に浮かぶ。
クリスチャンでなくとも感動を体感できる一曲です。何かに守られてる感動を。
[PR]
by mamopy26 | 2010-11-21 23:04 | 音楽について雑記 | Comments(0)

難しっ(-.-;)

自分の悪いとこもわかってます。わかってないとこもあるけどわかってます。でも嫌なものはやっぱ嫌です。それが自分の鏡だってことも理解します。頭では…。でも怒りぶっ放し状態です。フラワーエッセンスの僅かなゆるやかな効果が出る前にその効果を大きく上回る怒りの波。どうすればいい〜。もしかしてこれって別なところで仕出かした私の悪い行動のつけ?ゲッ(-.-;) 有り得るかも…。これ読んでるそこのあなた、頷かないでね。
ん〜。

あっそうそう、最近楽しいこと嬉しいこと結構あったりしたからこれでバランスとれたかな? あぁ良かった良かった、これでまたますます良いことが起こるんだ。あぁラッキー(若干やけっぱち? ノンノン、本当だもん)

それにしても心の中にある深ーい森の中の湖を穏やかに保つのって難しいな。守お父ちゃん曰く"本屋さんにでもいっといで" そうだな。
[PR]
by mamopy26 | 2010-11-16 12:15 | 音楽について雑記 | Comments(0)

不思議扉がギギッ…。

f0011022_728494.jpg

バッハコンクールの締め切りが終わり、有り難いことに昨年よりも沢山のかたがエントリー下さいました。有り難い気持ちで一杯です。ホールも大きくなり少しずつ変化しながら凛とした空気の漂う、そして美しく気高くそれでいてウキウキするようなバッハの音楽が溢れるコンクールに皆さんに育ててもらってます。

今日の"フラワーエッセンス初級講座" 前回の入門より一歩踏み込んだものでした。沢山ある中から自分のエッセンスを絞りこんで行く中で、他の参加者とのシェアを交えて決定していく。不思議と実に不思議と自分ひとりだと選ばない、でも正しくこれですねっていうエッセンスに導かれるように絞り込まれていく。実に不思議。わかってはいるけど開けたくなかった扉が自然な優しい風にギギッと開けてもらった感じ。どんな感じかなぁ。
沢山の扉を開けていかないとね。
[PR]
by mamopy26 | 2010-11-15 07:28 | 音楽について雑記 | Comments(0)

TWITTER的つぶやき

キャー、今日がバッハコンクールの締め切りー!ドキドキハラハラ。このあとは地獄の忙しさだっ!
[PR]
by mamopy26 | 2010-11-12 09:00 | 音楽について雑記 | Comments(0)

大事なこと。

f0011022_17511744.jpg

皆様、僕は八歳になったのに悪いと毎日のようにお父ちゃん、お母ちゃんに叱られます。仕方ありません。楽しいこと沢山だし、気になることばっかしだし。こないだは寝る前にごみ箱漁りしたらお父ちゃんに叱られて一緒に寝てもらえなかった。一人でハウスで寝た。凄く悲しくてワオンワオン吠えても誰も迎えにきてくれなかった。だから夜は凄くいい子になることにした。ご飯食べたら僕はシーンと静かにしとくんだ。そしたら一緒に2階に上がれるんだ。そしてはしゃいでみるんだ。一緒に寝ることはとっても大事なことなんだ。
(ゴン談)


今日は長崎の大学でした。良いことがあった。本当に感謝です。願うとそのことを引き寄せるんですね。特別願ったつもりはないけど願ってたんだと思います。本当にそうなんだって思うことがよく起こります。きっと前もそうだったかもしれないけど、気がつかないとただの偶然で片付けちゃいますね。偶然なんてないのでしょう。見えない力が動くって感じがしますが、きっと自分の引き寄せたものなんでしょうね。有り難うございます。
[PR]
by mamopy26 | 2010-11-10 17:51 | 音楽について雑記 | Comments(2)

文化の日イベント

11月3日、文化の日。音の森メンバーズの吉村和弥君(第一高校音楽科二年生)が福岡市教育委員会から表彰されて、その式典にお母さんと本人と一緒に行ってきたのだ。秋晴れの中…真面目なおじ様達が沢山いらっしゃる会場でお利口さんに座ってました。何年ぶりかしら"君が代"を歌ったのは。しっかり覚えてたとこみるとフランス人だとかなんとか言ってるけど…日本人だった。

なんで表彰されたか…というと、もうメンバーズは残らず知ってることだしメンバーズ以外もかなり知られてるんですが、この4月にブルガリアでの"第18回 音楽と地球国際コンクール"で沢山ある部門をおして満場一致満点でグランプリを取ったのです。世界一難しいんじゃなぃ?と言われてるバラキレフ作曲"イスラメイ"やらリストやらを引っ提げて。私も審査に行ってて…感激するほどの演奏だったのです。今は…普通の、若干雑な高校生ですが。そんな訳で表彰式に行ってきましたの。それから私は薬院に遊びに。薬院はかなり詳しくなりかけてるかも。楽しい町だな。
[PR]
by mamopy26 | 2010-11-06 19:19 | 音楽について雑記 | Comments(2)

f0011022_1619127.jpg

いよいよ今年もバッハコンクールの季節になってまいりました。締め切りまであと12日。是非是非、ご参加下さい。初めての子も大丈夫!確実に力がつきます。少しずつ着実に。お待ちしてます!
詳細は下記まで!
戒重 守
0942 22 2650
kaishige@kumin.ne.jp
[PR]
by mamopy26 | 2010-11-01 16:19 | 音楽について雑記 | Comments(0)