<   2011年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

f0011022_1954563.jpg

今年は、日本にとって本当に本当につらい試練の年でした。築き上げてきた幸せの脆さ、確かなものだと思っていたものの不確かさ…その1日を大切にという言葉が、突き付けられ、現実味を帯びた一年でした。そして、その未曾有な惨劇を通して見えてきたもの…心の中に暖かく灯された希望の光り、日本人の強さ、日本人であることの誇り。

個人的に言えば、自分の意志の及ばない大きな力に委ねる勇気…これも体感した年でした。そして、義母が亡くなったことで、魂の尊厳と全てが伝わっているという確信、神様が二人の心をピタッと沿わせてくれたという確信。暖かい義母の心を感じれたことに感謝の年でした。 来る2012年、どんな年になるか予想もできませんが、周りの人たちの気持ち、加えて自分自身の気持ちも大切に暮らして行けたらと思います。

この一年、沢山の人にありがとうございます。そして、来年もどうぞ宜しくお願いいたします。

守&朋香
ナナ
サリー
ゴン
[PR]
by mamopy26 | 2011-12-31 19:54 | 音楽について雑記 | Comments(0)

f0011022_934835.jpg

先日、東京のかたからお電話。ミシェル ダルベルトのおっかけだとのことで、チケット依頼でした。すごいな、さすがミシェル♪東京からですって!!

そんなわけでミシェル ダルベルトって素晴らしいピアニストなんです。どうぞチケット宜しくお願いいたします。

以前、山岡優子先生がお亡くなりななり、悲しみの谷底におりました時分のこと…。
誰かにレッスンをお願いしたいなぁ。でも、あの山岡優子先生を経験しちゃってるから…なかなか。 まぁ、ミシェル ダルベルトなら見ていただきたいなぁ(生意気にも…。でもあまりに山岡先生が強烈で、なんだか良い意味でも悪い意味でも正常なかた?まともなかた?にはちょっと馴染まない私たちになってしまってます〓)

そんな大それたことを口走ってた私ですが…実現するじゃん!と、自分を褒め称えてます。

そんなわけで、20年以上前にダルベルトのレッスンで痛い目にあったにも関わらず、いえ、懲りず再度レッスン受ける気になってます。それも、同じ作曲家モーツァルト!!(≧▽≦)

もちろん今回はデュオ ソナタで。


確かに刺激的だな…。

チケットは全席、前売り3000円!
お問い合わせは0942 22 2650 またはkaishige@kumin.ne.jpまで。
託児所も設ける予定です!
[PR]
by mamopy26 | 2011-12-27 09:03 | 音楽について雑記 | Comments(2)

MERRY CHRISTMAS

f0011022_13122914.jpg

イブの日、守お父さん、ゴン、私で二日市の実家にお泊まり。ハーブやガーリックを入れたオリーブオイルにチキンをつけこんだのをグリルしたり、お刺身食べたり、もちろんシャンパンもポーン! ケーキも食べて…私は風邪までぶり返し…まいいか。ゴンくんはおばあちゃんにクリスマスプレゼント。写真はおひねりのようにチョークチェーンに挟んで大衆演芸風にしたててみました!

皆様は如何なクリスマスでしたか?

風邪がしんどい…。( ̄^ ̄)
[PR]
by mamopy26 | 2011-12-25 13:12 | 音楽について雑記 | Comments(2)

Chistmas Classical Live

f0011022_10263253.jpg

昨晩は今年最後の演奏の仕事。jazz barでのコンサート。寒いなか、沢山来てくださり楽しかった♪jazz barのオーナーは音大の声楽卒業。奥様は同じ音大のバイオリン卒業。ホールのグランドピアノは60年物で足は装飾足。で…そのピアノ…女の子でした。リハーサルでボレロしてるときプッと笑いが出てきた。少し崩すと"そうそう、そんな風にね♪"と。たまにピアノが喋るんだなぁ。

最初にピアノが喋ったのに遭遇したのは、ニューヨークでコンサートの前に、ニューヨーク スタィンウェーハウスで練習のためにお部屋を借りたとき。ラフマニノフが亡命時、借りて弾いてたピアノが置かれてるラフマニノフ ルーム。古いスタィンウェイで、弾き始めたら、なんかうまく響きが掴めないってゆうか、まとまらない…でも探りながら弾いてたら、突然弾いてる音型にのって"Exccelent!"って、その音型のリズム、音程に合わせて、一緒に歌うように。びっくり!!それからは、グ〜ッド!とか エ〜クセレント!とか喋りだして、いやもう感動。午前中、exciteしながら練習して、昼からニューヨーク ヤマハのショールームを借りたら…全く面白くないから昼寝した。平均的。拗ねたりしないかわり、面白くもない。

これが最初の体験。

二回目は諫早のサロンでのコンサート。小ぶりなベーゼンドルファー。なんでも超大金持ちのオーナーがヨーロッパのお城から運ばせたとか…。
こんときは、モーツァルトやプーランクの小品のときは気持ちよさそうだったけど、ラ ヴァルスとかボレロになったら体が小さいから、"いやぁ〜ん"


三回目は5月にしたメゾン ド 吉田でのディナーコンサートの時のサロンにあったスタィンウェイ。これは私はあまりわからなかったけど守氏が、寒気がするほど突然弾いてる最中に変わったらしい。リハーサル時のこと。まじ、色っぽい女の人っぽかったって。

とにかく喋ったり、人格を現した途端に、ピアノは自分から語りだして、鳴りがよくなる。本当に魂が宿ってるのね。

まぁ、素敵な体験させてもらいました。
[PR]
by mamopy26 | 2011-12-24 10:26 | ピアノデュオ・戒重の活動 | Comments(2)

f0011022_12212162.jpg

恒例のクリスマスボランティア!守氏の幼なじみが園長さんしてる長門石保育園です。恥ずかしげもなく手作りトナカイカチューシャを今年もして弾いてきました。
私たちの出し物は守氏がソロでノクターンとか数曲。で、連弾で今年の看板?リムスキー・コルサコフの"シェエラザード"

いやはや、子供たちは元気。毎年、ここでするたんび、日本は大丈夫って確信する。ちゃんとここの園はホールにグランドピアノがあって、演奏する曲を事前に子供たちに聴かせておくんです。今までも、シャコンヌやボレロやらの15分を越える曲弾いてきたけど一生懸命聴いてくれる。偉いのだ。

12月22日なのだ。
[PR]
by mamopy26 | 2011-12-23 12:21 | ピアノデュオ・戒重の活動 | Comments(0)

-

f0011022_1149450.jpg


ミシェル・ダルベルト  
    ピアノ リサイタル

 世界的ピアニスト、ミシェル・ダルベルトを 来る2012年 2月11日(祭日) 14:00 
           企画いたしました!!

 20年前、恩師の山岡優子先生の推薦で、まだ日本では無名であったダルベルトのリサイタルを守氏が企画し、聴衆からは彼の繊細でかつ格調高い演奏に惜しみない拍手と賞賛いただきました。

 その後、NHKのス-パ-レッスンの講師をしたことから、日本でも爆発的にその名がしられることとなりました。私たちには遠い人なのね・・と思っておりました。
 
 しかし、あるきっかけで昨年、彼が鳥栖ラ・ファ-ル・ジュルネで演奏することを聞き及び、そしてソロと彼からのプレゼントでコンチェルトを聴く機会に恵まれ、そこからこの企画へとつながったのです。20年ぶりの彼の生の演奏は格調高さに加え、エネルギッシュな力強さ、そして分析力が増し、なお一層世界のダルベルトたる風格が伺えました。


  20年ぶりの久留米の地での演奏に際し、プログラムも皆様に馴染みのある曲ばかりに変更していただいておりますので、どうぞ皆様お誘い合わせのうえ、ご来場ください。

  っていうか、なんであんたたち、そう突拍子もないドでかいこと企てるんだ!とお思いでしょう。

  私たちも・・・頭ひねってます。なんでだろう・・・と。
  
  しかし彼の変奏、彼のレッスンを目の当たりにすると、興奮して、これはもっともっと沢山のかたに聴いていただきたい!これは私たちの任務?なのだ!と・・まあ若干の勘違いも交えながら今に至ってます。
   本当・・・1000枚です!売らなきゃいけないのが。 あっ・・・・そこのあなた・・・いや知らん振りしないで、そうあなた・・・来てねん!お友達も一緒にね!
               とこんなふうに売り歩いてます。風邪ひいてるので、歩いてはいませんが・・・ペコリ。


  でも素晴らしい事間違いなしなの!


 あ、それと特別レッスンなんかも企画なんかしちゃってます。詳しくはOffice Mamopyまで。
     ってうちのこと。電話は0942-22-2650 メ-ルはkaishige@kumin.ne.jp


  一同!礼っ!

   よろしくお願い致します
  
      J'aime Michel!
[PR]
by mamopy26 | 2011-12-19 11:49 | 音楽について雑記 | Comments(2)

-

喉の痛みは継続中。

私の周りを取り囲んでいる、もしくは私という人格の周りを何重にも取り囲んでいる扉の一つの鍵がカチャッとあいた…あとの鍵はまだまだいっこうに見つからない。
[PR]
by mamopy26 | 2011-12-17 19:29 | 音楽について雑記 | Comments(4)

ホーッ

熱で中断してたバッハコンクールの講評の訳、bedの中でただいま終了。

目が痛い…。
[PR]
by mamopy26 | 2011-12-16 13:39 | 音楽について雑記 | Comments(0)

-

熱が下がらん…。高熱じゃないけど、37°から38°の間をさ迷ってます。きついなぁ…喉少し痛いだけ。咳もでない。熱だけ。あーぁ、明日はチケット売りを福岡に足を伸ばして、ついでにメゾン ド 吉田でランチしよいと思ってたのに…。私はお留守番だな。
[PR]
by mamopy26 | 2011-12-15 21:04 | 音楽について雑記 | Comments(2)

-

晴れて?正真正銘の風邪にかかったようです。かかったらどうしよう…という不安が、かかったことで解消したという、陥りやすいパラドックス。
[PR]
by mamopy26 | 2011-12-15 11:27 | 音楽について雑記 | Comments(2)