「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

f0011022_10393881.jpg

いよいよ、ダルべルトのコンサートが2週間を切りました。いろんな手配やなんやでマジに興奮し始めました。興奮の中には、心配ごとや、イライラや、迷いや、不安やらもない交ぜになってるので、なんだか寝つきも良くない感じだけど、楽しみのほうがもちろん上回ってますっ!

先週、西日本新聞のインタビューがあり、守氏だけが行くはずがなんかの手違いで守氏が学校に行ってる時に記者のかたがいらしたって連絡があり、急に私がゴー。いつもブスッたれが、その日はよりブスッたれ度に磨きがかかり、一言で言えば例えようがないほどのボロボロ雑巾風。
でも、まあ、ダルべルトのことを喋ればいいんだしっとベラベラ喋りたおしてたとこに守氏到着。また喋りたおして、
あろうことか記者のかた
"では写真をご一緒に"

はぁ〜? それあり?

嫌がるうら若き…間違い、ボロボロ雑巾風の私をまるで拉致するかのように?
写真撮影、終了。

そして、お決まりの生年月日…。
   これも、いつものことながら犯罪者じゃないので、出さないわけにはいかないんですか…と哀願する私を 尻目に守氏が、スラスラと生年月日を発表!

      お見事っ!よくご存知!
てわけで関連記事がでかでかと2月初めに載る予定。多分、紙面が…腐ってるかも?


その時、記者のかたが、ダルべルト氏の久留米リサイタルに対する思いなどいただけないでしょうか?との不意をつく要望があり、マネージャーに連絡したら、ダルべルト本人からものすご〜く沢山、彼の思いがこもった文章が、本当にかなりの量なんですが、送られてきました。

読んだ時、彼の音楽に対する真摯な思い、そして彼の純粋な少年のような人間性が伝わり感動しました。
我が儘だし、自分勝手だけど、凄く素直で純粋で人が良い…騙されそうなくらい…そんなとこが、山岡先生も可愛くてほっとけなかったんだろうな…と思いました。

    ちなみに、その文章はプログラムに載せる予定です。

そんなわけで、
ミシェル ダルべルト ピアノ リサイタルへどうぞいらしてください


2月11日 土曜日 祝日
石橋文化ホ-ル
  
   詳細は下記まで。

0942 22 2650 戒重
kaishige@kumin.ne.jp
[PR]
by mamopy26 | 2012-01-29 10:39 | 音楽について雑記 | Comments(0)

留守番さっ!!

f0011022_75597.jpg

この雪の中、お父ちゃんもお母ちゃんもお出かけ。僕は寒いからおうちでテレビ見ながらお留守番をしますと言ったよ。

2012 1 24
[PR]
by mamopy26 | 2012-01-25 07:55 | 動物たちのこと | Comments(2)

f0011022_17314862.jpg

今日は日田市のパトリア日田にてコンサートでした!
日田市の木材を利用した素晴らしいホールでスタインウエイを4台も所持してるので二台のピアノを使ってのコンサートをと依頼がありました。それで…何か楽しくならないかなぁ…と。ピーン!! そうだ!二台8手…4人で二台ピアノ演奏をしよう!と思いついたのでした。

ならば、ピアノの素晴らしさを聴いていただくためにと…ソロ〜連弾〜二台4手〜二台8手 とプログラミンしました。

数々のグランプリを受賞してる高校3年の吉村君と桐朋を卒業して今、ピアノの先生の今村光七ちゃんとで即席"Mamopy Quartet"を結成して。

二台8手はスメタナのロンドとサン サーンスの"死の舞踏"

ド迫力で楽しかった〜!また、したいな。

ソロのモーツァルトの"デュポールの主題による変奏曲"もまだ荒いけど彼独特の味があって良かったです。

私たちのデュオは〜いつもながら課題がたーくさん。頑張るしかない♪

久しぶりの光七ちゃんのキレの良い音も嬉しかったな。

それからそれから、かわいいガーデンちゃんが聴きにきてくれた。嬉しかったな。


これからもデュオ 戒重は頑張りますのでご支援のほど、よろしくお願いいたします。

また、これからの若い子たちもよろしくお願いいたします。機会があれば生徒たちにも、このような経験をさせたいです。

この企画を快諾してくださった、パトリア日田のかたがたありがとうございました。
[PR]
by mamopy26 | 2012-01-22 17:31 | ピアノデュオ・戒重の活動 | Comments(0)

f0011022_17163294.jpg

ずいぶん前になります。5、6年前。クラシックのリズムに対してひっかかることがあった。
 シューマンのバイオリン ソナタの練習中、いつものように和音弾きとかしてたら、ふいに…"なんだ、リズムがジャズじゃん。でもこのころまだジャズははいってきてないしなぁ。多分、ヨーロッパ人には体にジャズやロックに近い、いやジャズやロック的なリズム感がもともとあるんだろうな。"
と、片付けていた。要するにアップビート…エイトビート?

そして、最近感じていたこと…なんで私はサンソン フランソワやミシェル ダルベルトにぞっこんなのか…

 最近の定番である、椎名林檎”女の子は誰でもー
          サンソン フランソワのショパン エチュード"木枯らし"ー
         ミシェル ダルベルトのドビュッシー"映像第1集~”ムーブメント"

 毎日のように、この定番シリーズを聴いてるうちに…"これロックンロールじゃん!"

 丁寧にノーミスで、なおかつ学術的に正しいアプローチで演奏しても、ドキドキしなきゃ意味ないじゃん!興奮できなきゃ意味ないじゃん!
破裂するほどの音楽性、情熱があって初めて、聴きては感動するんじゃない?

 サンソン フランソワなんてため息がでるような美しさと笑いが出るような感情の有り余りからくるド派手なミス タッチ。でも最高に魂を揺さぶられる。虜になる。

 ダルベルトも然り。透明な美しさ…近寄り難いような冷たさと、見てみろ、これが音楽だ!的な迫力に鷲掴み。もちろん、現代のピアニストなのでミスはない!すごっ!
ミスが許されない現代というのも、すごっ!

…とこのような考えてたところにドンピシャな本にめぐりあいましたのよ。

西洋音楽論
森本 恭正
いろんな観点から、日本人が西洋音楽をすることの困難さや、不自然さがわかる。山岡優子先生が言われてたことがクリアな文章になってる感じ。それを踏まえて私達は取り組まなければいけませんね。


写真は定番シリーズの曲・・ドビュッシ-の”映像・第1集”がはいってるダルベルトのCDです。
最近のダルベルトですね。

 そんなわけで、2月11日祝日、2時開演。

 
 ミシェル ダルベルト ピアノ リサイタル よろしくお願いいたします。

さすがのダルベルト…函館からも聴きにいらっしゃいます!
ご希望のかたはお早めに下記までお願いいたします。
託児所も設けます。(予約)


お問い合わせ
0942 22 2650
kaishige@kumin.ne.jp
[PR]
by mamopy26 | 2012-01-17 17:16 | 音楽について雑記 | Comments(0)

録音

f0011022_2243525.jpg

某ギャルソン?が札幌のオーケストラのテープ審査受けるということで、伴奏してきました。録音もしました。場所はコンサートしたこと何度もある三潴町の"クララ ザール"で。

曲はモーツァルトのG durのコンツェルトとサン サーンスのコンツェルト…バイオリンです。見たらわかるな。

通過したらいいなぁ。

モーツァルト祭りに際して
ずっとひっかかってたこと、何故、私はサンソン フランソワやミシェル ダルベルトにぞっこんなのか…。2、3日前に閃きました…もしかして…クラシックの中のロックンロール?
いくら真面目に学術的に弾いたって、面白くなきゃだめじゃん!興奮しなきゃだめじゃん!
躍動感溢れる演奏じゃなきゃね!

昨日買った本に全くドンピシャのことがてんこ盛りで書いてあった。やった〜!

詳しく書きたいけど眠いから寝ます。あぁ、今日の合わせは寒かった。
[PR]
by mamopy26 | 2012-01-15 22:04 | 音楽について雑記 | Comments(0)

f0011022_16404299.jpg

もう恒例になってます筑紫野市の"どい内科クリニック"でのコンサート。

おじいちゃん、おばあちゃんを前にしてのコンサート。
こてこてのクラシックを私達のコント?を交えて聴いていただくのです。

やはり、ちょこっとぼんやりしてらっしゃるので、最初の曲とコントでゴツンとインパクトを差し上げといて、途中ではうっすら寝たりなさらないように、歌なんかを入れてみてガツンとリフレッシュ。
で、最後は、"皆様の一年が健康に恵まれ、栄光に満ちてますように…"とラフマニノフの"スラヴァ・栄光あれ"をぶっぱなして締めました。

粋なおじいちゃんが、ちょこっと痰がからまったような声で"ブラボー"
マジに嬉しいよ。
一時間プログラムなのに、寝ることもなく、なんか、みんな楽しそうで私達も楽しかった。

楽しかった。なんでも楽しくてエキサイティングじゃなきゃな。
イェ〜ィ!

人生、ロックンロール!!音楽も然り!!

よっしゃ、明日はバイオリンの伴奏合わせ。モーツァルト祭りの始まりだ〜!?
今日も景気づけは

椎名林檎ちゃんの"女の子は誰でも"
サンソン フランソワのショパンのエチュードの"木枯らし"

ダルベルトのドビュッシーの"映像 運動"
[PR]
by mamopy26 | 2012-01-12 16:40 | ピアノデュオ・戒重の活動 | Comments(0)

林檎

f0011022_13405437.jpg

紅白歌合戦で初めてみた椎名林檎。CMで流れてたこの曲が、椎名林檎だったんだ…。がっつりはまりました。
"女の子は誰でも"
ミュージカルみたいなジャズみたいな、ビッグバンドっぽくて、シャンソン風?おしゃれなのね。びっくら!
買ってしまった…。今日も朝、久留米駅に送ってもらう車の中で、一発景気づけに聴いてきた。ノリノリ!!
その後、サンソン フランソワのショパンのエチュード "木枯らし"
これも、いかした景気づけ!最高、美しく、最高、ロックンロール!!

その後、ダルベルトのドビュッシー"映像 1" 運動-ムーブメント♪これも、完璧なテクニックにまたまた…ロックンロール!!
イェ〜ぃ!

このあたりで久留米駅到着。
[PR]
by mamopy26 | 2012-01-11 13:40 | 音楽について雑記 | Comments(0)

f0011022_1718877.jpg

今回はダルベルトお得意のモーツァルトのCDをご紹介。きらきら星は透明で文字通り、きらきら。デュポールは知的な高貴さを湛えて淀みなく流れる。デュポールは今回のリサイタルの一曲目です。彼の演奏は美しいだけでなく、エネルギッシュ。力強い音楽のうねりは聴く者たちを新たなる世界へ誘う。

そんなこんなでよろしくお願いいたします。

なんか、評判が良いのでチケットご希望のかたは、お早めにご連絡くださいまし。

ミシェル ダルベルト ピアノ リサイタル
2月11日 土曜日 祝日 14時開演 全自由席 3000円

託児所有ります。ご希望のかたは事前にご連絡くださいまし。

写真は20年前のコンサ-トでもらったサイン!なかなかのハンサム!
[PR]
by mamopy26 | 2012-01-10 17:18 | 音楽について雑記 | Comments(0)

モーツァルト祭り?

f0011022_11571435.jpg

f0011022_11571515.jpg

新年から何故かモーツァルトとのお付き合いが増えてます♪
今週の木曜日にアイネクライネ。金曜日にはバイオリンコンツェルトのあわせ。日曜日にその録音。で、22日には4手のソナタ。
ついでに祭りはサンサーンスも。
サン サーンスのバイオリンコンツェルトの伴奏、録音と22日に二台8手の"死の舞踏"

やっぱり重なるってあるのですね。
モーツァルトは鳥だから弾いてるとウキウキ、ワクワク、キャーキャーだけど…マジ難しい。というか、本番になった途端に難しさを痛感。手遅れ?
モーツァルトが上手く弾けるのが私の夢、憧れ♪
[PR]
by mamopy26 | 2012-01-09 11:57 | 音楽について雑記 | Comments(0)

Fantastic Piano Duo

f0011022_15572328.jpg

1月22日 日曜日
パトリア日田 小ホールにて開催される…
市民ピアノ演奏会
"スタインウェイに親しむ日"で、一時間プログラムのゲスト演奏会をさせていただきます

依頼をいただいた時、二台のピアノでなんか面白くならないかなぁと思ったところでピーン!!
普段、演奏する機会がない二台8手…すなわち、4人で弾くぞ!プログラムにしてみよう!!と。

もともと、一人生徒をスタインウェイを弾く会のほうで弾くように計画してたんですが、急遽変更で、ソロ〜連弾〜二台4手〜二台8手…とゴージャスにプログラミングしてみました。きっと楽しいと思います。無料なのでドライブかたがたいらしてください。
私たちの演奏は12時半からです。

プログラム

   モーツァルト:デュポールの主題による変奏曲 ☆

   モーツァルト:4手のためのソナタ

    クープラン:居酒屋のミュゼット(4手連弾)

   バッハ:シャコンヌ(二台4手)

   リムスキー コルサコフ:シェエラザード(二台4手)

   スメナタ:ロンド(二台8手) ☆

   サン サーンス:死の舞踏(二台8手) ☆

    クルシュコフ:ダンス(二台4手)

  
 ☆印のところで Office Mamopy所属ア-ティスト?の今村 光七 と 吉村 和弥とともに演奏いたします。

  ソロから2台8手まで・・ピアノという楽器の可能性をおたのしみください。

 お問い合わせ; パトリア日田 0973-25-5000
            戒重 0942-22-2650 まで。
[PR]
by mamopy26 | 2012-01-08 15:57 | ピアノデュオ・戒重の活動 | Comments(0)