「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

普通気がつくけどなぁ。

f0011022_1874678.jpg

お父ちゃんとお母ちゃんが、朝から"今日は結婚記念日だっ♪食事に行こう!"とか言ってやんや盛り上がってたら、さっき…"あっ…来月の今日だった。"
と。

夕方まで二人とも気がつかないって、さすがボクのお父ちゃんとお母ちゃんだ。
[PR]
by mamopy26 | 2012-02-27 18:07 | 音楽について雑記 | Comments(0)

f0011022_12545496.jpg

f0011022_12545540.jpg

昨日はいつもゴン君がお世話になってるしつけ教室の生徒さんによるファッションショー。お客さんとしてお邪魔しました。えっ?ゴン君は? あっ、先生にゴン君は連れてこないようにと固くかたく言われてましたので、二人で行って来ました。
何故って、セッティングされてる会場を1秒で破壊しますからF9AB.gif

いやはや凄いです。一人のお母さんが全部の衣装を作られて、それも何回もお着替えですよ、ファッションショーですから。そして、それぞれのお母さんに誘導されて、もちろんノーリードで、軽やかな足取りで!普通のファッションショーのように花道みたいなところを歩くんですが、周りはびっちりお客さん。プレス関係者のフラッシュの中…プレス関係者ではなく身内ですF9AB.gif…颯爽と歩く姿、パリコレさながら!?
少し止まってプレス関係者のカメラに向かってポーズ。プレスじゃないって!!
ポーズは本当。やはり犬たちも緊張するのか、時々、稀にドレスを来てる上から後ろアンヨ…別名後ろ足ともいう…で横腹をシャッシャとかく姿もあったり、時には舞台を彩るキラキラ飾り付けをくわえる姿もあったりしますが、いやいや凄い!全く餌なんて使わずプロでないお母さん達がただ誘導するだけ。通常、日本で1、2といわれるトレーナーも必ず餌を使います。こないだもNHKでしつけ教室をしてたときもそうだったようで実家の母が、わたしたちに教えをたれてましたが、うちの先生は全く使いません、餌もおもちゃも。犬は全部わかってるので言ってきかせて。それまでに至るまで、それぞれの犬の心に抱えてる闇を少しずつほぐしていきながら…。時には犬の、いえ人間と同じ個人として、いけないことしたり、聞く耳もってなかったり、わがままいったり、周りを馬鹿にしたり、度がすぎるとしめられます。そりゃそりゃ、見てるほうがつらくなるくらい。でも愛情があるから、犬たちはかえって先生を慕っている。そして投げたおした後の先生の愛情…私達の愛情なんてうわべっつら
と思わせちゃうくらい。ゴン君は本当にイイコに成長してます。

そして、ファッションショーの後、ブレイクして、次は模擬結婚式。犬のミントちゃんと空ちゃんの。素晴らしいウェディングドレスにタキシード、牧師さんにもお父さんが扮して、お色直しなんかも三回もして。おまけにキャンドルサービスまでして。キレイ〜!で何が凄いかって、餌を使わないだけでなく、その結婚式の間中、お客さんは…接近した場所で取り囲んでわけですが、飲み食いをしていいの!
犬たち、全く動じない。
凄いんです。

楽しそうにお母さんたちと一緒って感じです。

すべて終わって、さぁ走っていいよ!!と先生が声をかけると、ドドドーっ、ガガガーっと走り回ってはっちゃけてます。でも、人間の食べてるものをねだらない。たまに食べてる前で欲しそうに正座もしたりすることはありますが、貰えないことはよくよくわかってるので、さっさと退散してみんなとはっちゃけてます。
凄いの。
今度はゴン君もノミネートされたいな。まぁ、百年はやいかな?

とにかく動物の能力の素晴らしさをみせてもらいました。がんばるぞ。
[PR]
by mamopy26 | 2012-02-27 12:54 | 動物たちのこと | Comments(0)

f0011022_19455813.jpg

こないだ大学の試験で泊まりなもんで事前に本屋で買っておいた本。以前からチラ見してたけど、なんか童話っぽくない?わたしゃ、もっと複雑なのがいいのさっ、と素通りしてたのです。が、しかしこの度は読みたい本が見つからず、う〜ん、よっしゃ。

いやぁ、さすが世界でベストセラーの本でした。今の私の背中を押してくれる感じで。やはり、必要なものは与えられるのかな。
そして出会うタイミングってのもあるのね。

空気を読んで、風を読んで、自分の心を読んで…見過ごしがちな前兆を読む。難しいが、今まさに、それしかないかなと思える。

嫌なことがあろうが、辛いアクシデントがあろうが、一つとして無駄なものはない。自分の進むべき道を最高のタイミングで与えられると信じて、委ねる。
一番難しくもある。
委ねることで流れ始める、向かうべき方向へ。

自分が一番知ってる…風を読んで、自分の心を読んで、心と対話して。

そんな本でした。

パウロ・コエーリョ
"アルケミストー夢を旅した少年"
[PR]
by mamopy26 | 2012-02-25 19:45 | 音楽について雑記 | Comments(0)

しん様へ

先日、コメントをいただき、そしてまたまたメ-ルをいただいた”しん様”へ
お返事をなんどかいたしておりますが、どうしても戻ってまいります。
いただいたメ-ルで返信しておりますが・・・。

とてもメ-ル嬉しかったです。たしかにそうですね。ここでは詳しくかけませんが・・・自分の人生を進んで
いきます。
ありがとうございました。この投稿を読んでくださるのを切に望みます。


                                          
[PR]
by mamopy26 | 2012-02-19 21:02 | Comments(1)

-

http://www.youtube.com/watch?v=YrgLNmSgvxM
[PR]
by mamopy26 | 2012-02-16 22:31 | 音楽について雑記 | Comments(0)

f0011022_152312.jpg

わたちだって音楽聴くわ。当たり前でしょ、わたち、女王様のサリーよ。今聴いてるのはね…"乳母!何かしら?"

乳母(私)
"クララ ハスキルのモーツァルトのピアノコンツェルトでございます。"

サリー様
"そうだったわ! さっき聴いてたのはね…乳母っ!何かしら?"

乳母(私)
"ポゴレリッチのシューマンのトッカータにございます"

サリー様
"そうだったわ。素敵だったわ、美しくて、なんだか可愛いギャルソンが自転車で走り抜けてるみたい。"



サリー様
"お水が汚れてるわ、乳母! 取り替えて"
[PR]
by mamopy26 | 2012-02-16 15:02 | 動物たちのこと | Comments(0)

f0011022_1732322.jpg

f0011022_1732394.jpg

ミシェル ダルべルトという天才を目の当たりにして、なんとも越えられない壁を痛感し、自分の音楽に携わる意義、ましてや演奏なんてしてる自分の存在自体に嫌気がさした。意味ないじゃない!と。かなり、ドロップ アウトしてました。2日程…。2日?で、身体の中で何かしら動いて…なんが悪いか、私が弾いても!とあっさり復活!

よっしゃ!!ということで、巨匠を聴きまくるぞ!と意気込んで、iPod仕様のBOSEのスピーカーを買ってしまった。

山岡先生が、あまりCDなどを聴くことを良しとしてなかったこともあり、うちのステレオが音が出なくなったことに加え、出歩くことの多い私はわりにiPodを使うことに加え…加えすぎるな、まとめろ!と、そこのあなた、お思いでしょう。確かに。
とはいえ、再び加えさせていただくとテレビのセットで聴くことは出来ますが、CDケースと中身が別居状態を招きがちな、要するに片付けが苦手なわたしにはテレビセットで聴くことは避けたほうが良いので…まぁがたがた言ってますが、あっという間に買ったわけです。

高いタイプを勧められましたが、共にいました実家の母も高いタイプを…しかし、流され易く染まりやすい私ですが、染まり流されようにも振る袖がないので、ここもあっさり安いタイプで決着!

今聴いてるのは、クララ ハスキルのモーツァルトのピアノコンツェルト!
[PR]
by mamopy26 | 2012-02-15 17:32 | 音楽について雑記 | Comments(3)

f0011022_150260.jpg

ミシェル ダルべルト ピアノ リサイタル当日。皆様のお陰で1時間前から長蛇の列。早めにお客様をロビーまでご案内し、私達もどうなるか、いろいろな意味で無事に終わるかハラハラ。実はホールについてから、お湯が出ないだの、別の練習室が冷えきってるだのとへそ曲げだした!!
抜かりなくしてるつもりでもホールの設備に関してはこちらが知るよしもなく、それに、−7度のパリから来たんだろうが、がたがたいわんでよ!と思ったがそこは我慢。

しかし…演奏が始まったら、夢の世界!百年に10人の逸材といわれているダルべルト、暖かい音、透明な音、深い悲しみ、大いなるもの包み込まれるような柔らかい音、切れの良い音、自由自在に音をコントロールして会場中がダルべルトの音楽に包まれ、共に呼吸し、共に鳥のさえずりを聞き、共にため息をつく、躍動感に共にドキドキし…会場中がダルべルトの音楽で永遠を味わっていました。最高!!
私達は彼の音楽に惚れ込んで企画しましたが、想像を遥かに越えてました。

3曲もアンコールしてくださり、CDは完売でサイン会は長蛇の列。いやはや凄すぎ。レセプションは、次の日が東京でコンツェルトのリサイタルなので、ちょこっとだけいてすぐ、私達と空港へ。

全てが無事に終わったいま思うこと…。
3日間、一緒に行動して、演奏も聴いて…天才というものを目の当たりにしました。自分たちが音楽に携わっている意義がはたしてあるのだろうか…と。身体中で音楽を感じ、いや、ダルべルト自身が音楽そのもの。無理な練習する必要もなく、自由自在に音を操る。
ここまで越えられない壁を見せつけられたら自分の存在すら疑問に思うほどドロップ アウトしてます。
ちょっとしばらくはダルべルトなんか見たくない。

でも、そんな手が届かないダルべルトが大好きなんですね、やはり。

それほど、ダルべルトは素晴らしかった。

いらして下さった皆様、ありがとうございました。
チケットを沢山売って下さった皆様、ありがとうございました。


そして、
  ”素晴らしい演奏してくれたミシェル、ありがとうございます。”
      …というメールすら出せていないわたしです。

この下にその1があるから読んでってくださいまし。
[PR]
by mamopy26 | 2012-02-14 15:00 | 音楽について雑記 | Comments(8)

f0011022_1316262.jpg

f0011022_1316227.jpg

2月11日、ミシェル ダルべルト ピアノ リサイタルは素晴らしい彼の演奏と沢山のお客様とで最高の演奏会となりました。

木曜日の夜、福岡空港につき、何も食べてないというので、遅くてどこもあいてない中、なんとか予約してお連れしたらかなりご機嫌♪ほっと一息はつくものの、基本的に神経質なのでこちらもピリピリ…とはいえ、わたくしワインがはいると急に態度がでかくなるたちなので、ピリピリしながらゲラゲラ笑ってました!!

で、次の日の午前中は長門石保育園でのボランティアコンサート。だいたいからして、世界のダルべルトにボランティアをお願いする自体、なんか勘違いしてない? しかし勘違い野郎の私達は打診してオッケーをいただき、新聞社とNHKに取材のお願い。NHKにはマジにぶちぎれてガツンガツンに文句の電話したりと、当日を迎えるまで大変でした。

彼はゆったり田舎の風景を楽しみながらリラックス。
で園児の前で、もちろんNHKのカメラと新聞社のカメラと並ぶ中、またまたゆったりリラックスして演奏。一曲目はシューマンの"子供の情景"より"トロイメライ"
あまりの美しさに第1音から涙が…。二曲目はやはり子供のためにということで、ドビュッシーの"子供の領分"から"ゴリーウォークのケークウォーク"
それで終わりのはずが、ダルべルトが
"もっと聴きたいかな?"といって、なんと…
リストの"愛の夢"

夕方のNHKニュースで二回放映されました。ダルべルトはちょうど、マスタークラスが終わり、我が家のリビングでゴンくん撫でながら見ました。

ゴンくんや猫のこと大好きで撫で撫でしながら、フランス語で話しかけてるダルべルトの表情は素のままで一番、良い表情でした。

幼稚園から帰り、少し練習…といってもそこ15分…でランチを食べに出かけてからお昼からはマスタークラス!!
最初に音の森ギャルソンが二人!とそのあと女の子がお二人の計四人。最後に記念撮影したりして6時に終了!

それからコンサート会場にピアノ選びにゴー。チラチラっと二台を弾き比べ、そのあと確認のために、音の森ギャルソンに弾き比べさせてピアノ決定!全員一致で…ダルべルト、ギャルソン、守氏、私…古いほうのフルコンに決定。コンサート会場のスタッフがどうして選んだんですか?と不思議な顔してたけど、古いほうが、音が明らかにrich。深みのある響き。四人に迷いなしでした。

それからマネージャーも交えてディナー♪ピリピリしながらも和気あいあいでやはり私はゲラゲラ笑ってました。

続きはまた。写真は保育園での演奏風景と最後の記念撮影。ダルべルト自ら園児たちのなかにはいっていってパチリ♪
[PR]
by mamopy26 | 2012-02-14 13:16 | 音楽について雑記 | Comments(0)

閃いちまったぞ。

f0011022_10485171.jpg

昨日、日曜日に受験生の弾きあいをしました。通常、冬のコンサートをするのですが、暮れのバッハコンクールと今週末にあるダルべルトのコンサートに挟まった時期で、挫けた…。そんなわけで、桐朋受験のRちゃんと来年、桐朋希望で今回ダルべルトのレッスンを受けるI君と、お馴染みのY君。

で、急に弾きあいを決めた上にまた閃いた!!

 度々登場のY君がダルべルトのレッスンでモーツァルトの”デュポールの主題による9つの変奏曲”と、難曲のブラームスのコンツェルト第2番を受けるので、そんじゃ、あたい、オケ伴しようかな…オーケストラパートをピアノで伴奏です…
     ところが楽譜もないっ!
         思い立ったのは3日まえ!
        本人にはもう会わない!
    ダッシュで福岡に買いに行き、まぁ、2日でしょうか?弾きました。難しいが楽しい!超エキサイティングな曲ですがな。

       *昨日の演奏プログラム byアミダくじ。*

バッハ 平均律第1巻12番
ショパン エチュード10の5 25の2
                 by Rina

モーツァルト デュポールの主題による9つの変奏曲
                       by Kazuya

ベートーベン ソナタ テレーゼ全楽章
                 by Rina

ベートーベン ソナタ 7番
                       by Kousuke

ブラームス ピアノコンツェルト 第2番
                  by Kazuya

頼もしいお若い衆です。
          GOOD LUCK!
[PR]
by mamopy26 | 2012-02-06 10:48 | 音楽について雑記 | Comments(0)