「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

愛しのコレット

f0011022_1535842.jpg

来ました、来ました!注文してたコレットの本!コレット著作集1…"学校のクローディーヌ"がはいってるので。ルンルン。
もう一冊は、もうすでに、リューマチのため、パレ=ロワイヤルの自宅に寝たきりになっていたコレットに、メルモ社が粋な申し出をして出来上がったもの。それは、メルモ社が、週に二回違った花を送るので、そのポルトレ…言葉による描写…を作ってほしいというもの。いやぁ、さすがフランス。粋です。そしてまた、いかにコレットがフランスの誇りであったかが窺える。


ム-ヴ色の”コレット・花”のほうは、ちらっと読むと、構想を練って、煮詰めて生み出す小説のような、緊迫感、恍惚感は少ないが、コレットのエッセンスはたっぷり。体を患っているときの、体力のない倦怠感のようなものが、緩やかさを出しているような。

表装の色がまた素敵!特に、著作集のローズ色!プルーストにもいたるところに顔を出す色。憧れのローズ色です。楽しみです!
[PR]
by mamopy26 | 2012-05-27 15:03 | 音楽について雑記 | Comments(0)

みんな一緒!

f0011022_22103851.jpg

今日は、午前中 ゴン君のしつけ教室。いつも、劣等生でリードも持たせてもらえない私ですが、先生が、ピンクのペチペチ棒を渡してくれた途端、ビキッと人間が変わって、バシバシモード!なんか、誉められた。やっぱり、武器か?

そして、ぐったら脱力リラックスモードの時間を作ってあげて下さいとのことで、守お父さんとまったりタイム!猫たちもぞろぞろ。ひっくりかえってるゴンのそばにいるのがナナちゃん。女王様サリーは、奥でご用をたしてらっしゃいます。
[PR]
by mamopy26 | 2012-05-25 22:10 | 動物たちのこと | Comments(2)

青い麦

f0011022_17482386.jpg

f0011022_17482464.jpg

こないだから魅せられてるフランスの作家・コレットの"青い麦"を読みおえたとこ@長崎の大学のレッスン室。

なかなかコレットの本は、見つからず、間でモリエールやバルザックを読んだけど、今の私は、コレットに恋してる。青い麦は、フランス文学に珍しい若い男女の恋。そうなんですって、コレットのこの青い麦という作品が初めてと言えるらしいのです。それまでのフランス文学の傑作は不倫小説だったらしい。もっと奥を覗くとフランスの恋愛事情がわかって面白い。フランスの結婚事情も。

コレットの作品は、フランスらしい、軽やかさ、香りが溢れるてる。感情の傍らで、それを息づかせるように描写される花、海の香り、霧の香り、日差しが肌にのった時の香り…。
それらの、香りが時に異性の肌に触れさせるのを助け、時に不安にかられ、時に涙を促す。あまりの彩りに、コレットに恋をしてます。

ベル エポックの時代を自由奔放に生きた、フランスが誇る女流作家。少し危険な香りのする作品を残し少しスキャンダラスの彼女は亡くなった時、フランス国葬で送られた。

写真は、大きな木に育ち、毎年沢山の花を楽しませてくれるサラサウツギ。
[PR]
by mamopy26 | 2012-05-23 17:48 | 音楽について雑記 | Comments(1)

f0011022_211142100.jpg

なんだかんだで、2台8手のコンサートツアー、チラシが出来上がりました!
なにしろ、ソロ~珍しい2台8手まで・・・2台のピアノを4人で演奏・・・盛りだくさん。ピアノの魅力を最大限にお届けいたします。特に、あまり演奏されることのな2台8手がド迫力でエキサイティングで、絶対楽しいですので、是非是非、コンサートにいらしてください。


 7月13日
 鹿児島県民交流センタ-・県民ホ-ル
  開園19:00
  出演者
   大迫里会   
   戒重 守
   戒重 朋香
   吉村和弥

 7月20日
 筑後サザンクス 小ホ-ル
  開演19:00
  出演者
    白濱清子 
    戒重 守
    戒重朋香
    吉村和弥 

 8月30日
 久留米 石橋文化センタ-
  開演19:00
  出演者
    和田剛治
    戒重 守 
    戒重朋香
    吉村和弥

 9月2日
 ヤマハeサロン
  開演13:30
  出演者
    岡のぞみ
    戒重 守
    戒重朋香
吉村和弥


詳細は下記まで。
戒重 0942 22 2650
kaishige@kumin.ne.jp

どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by mamopy26 | 2012-05-21 21:11 | ピアノデュオ・戒重の活動 | Comments(0)

初めて!

f0011022_14252558.jpg

f0011022_14252619.jpg

オリーブの木がなんだか好きで、ベビーオリーブから何年もかかって大きな木に育ってるのが2本あります。その1本が、初めて小さな可憐な花を沢山つけました。初めて見るオリーブの花!実はなるかなぁ…。受粉しなきゃいけないと思うけどわからん。もしも、オリーブの実がなったら、あーた、収穫祭だな。花だけでもマジに嬉しいざんす。頑張れ!蜂も来ていいよ、今度ばっかしは(笑)
[PR]
by mamopy26 | 2012-05-18 14:25 | 日々の生活について | Comments(0)

お気に入り!

f0011022_18593422.jpg

長崎の大学に週1で教えにいってます。影の声…前から言うてるやんか…。
確かに。

レッスンでいっとりますが、密かな楽しみは、大学が有する図書館。こりゃ、見ごたえありますよ、大学ですけん。

毎週、いそいそと行ってますの。

ここんとこ、ヒットがなく、うーん…。こういう時は、やはり古典に立ち返るべきかもと…文庫本のコーナーに行きまして、手にとりましたのが、フランスの作家、コレットの、"シェリ"
愛しい人って感じ?

はまった、がっつり!なんだろう、ベル エポックの香りが漂い、フランスの芸術を支えていた、デュミ モンド…裏社交界。高級娼婦の繰り広げる、華麗で知的な世界。プルーストのオデットなどの世界。政界も財界も芸術をも操るような。

薔薇色を中心に据えて、切なさや愛しさ、心の揺れ動きを見事に表現…上手く言えないっ!とにかくうまいっ!すごいっ!あぁ、フランス!あぁベル エポック!

続けて"牝猫" "シェリの最後"を読みましたが、どれも最後の瞬間ががつんときて、虜になります。なんだか、バイブル的!

でもって、コレットの脚本に Ravelが音楽をつけたオペラ"子供と魔法"もナクソスから買いました。そう、ナクソスから!Amazonでなく!

最高じゃないでしか?コレットにRavelだなんて!
[PR]
by mamopy26 | 2012-05-13 18:59 | 音楽について雑記 | Comments(0)

守氏、ジャイアン化?

f0011022_19133012.jpg

大好きなクララ ハスキルの全集17枚を、南米の大型河川の名を持つインターネット会社に頼みましたの。楽しみにしてて着いたそうそうにパソコンに入れ〜録音、iPod移動を始めましたら、なんかおかしい?
モーツァルト Pコンなのに、何故かパソコンの画面にはブラームスのPコンとベートーベンのPコン。えっ?そうなの?クララったらブラームスも録音してたの?あれほどの人ならね、しててもおかしくないよね。でも、鳴ってるのはどう考えてもモーツァルト?楽譜をチェックしてもモーツァルト…。CDの表にはモーツァルトと。

二枚目はなんとパソコンの画面に出るのは ホルンコンツェルト…?さすがのクララもホルンはたしなんでないような…。

三枚目は、クララの全集のはずが、なんとピアノはポリーニ…?

なんかへんじゃない?
ようやく、おかしいと確信し、アマゾン…おっといけない、南米の大型河川…いっか、アマゾンに電話を即くれるようにパソコンで送信。なぜならアマゾン、電話番号をどこにものせてないから。

さてさて、これから!!

アマゾンのお姉さんが出て対応。状態を説明したら、お姉さん、"こちらのCDには不具合はなく、たまにパソコンのソフトによってはそのように違う表示がでるようです"
とな!
何それ?どういうこと?

うちは新しいパソコンになったばかりですがと言うとお姉さん"いえ、ソフトによってはそのようになります、うちは不具合はありません"

"それじゃあ、曲を詳しくわからない人は、違う表示とも知らず、そのまま信じるわけですかぁ?"

お姉さん"はい、そうですね"

はぁ?ふざけんな!!
てことは気がつかない人は気がつかないまま?

"私は楽譜もありまして、プロですが、そんな私たちをもそんな言い分でいいとおす?"

お姉さん"こちらは不具合はありません"

"いや、どんな状態か送り返して確認すべきじゃないですか?"

お姉さん"いえ、こちらは悪くなくて、そちらのパソコンの状態ですので"

ぶっちん!!
守氏に選手交代でぶっちぎりでジャイアン!!

amazonのお姉ちゃん、結局、ごめんなさい・・とCDを引き取ることを承諾。


ダルベルトの時のNHKといい、アマゾンといい、見えないお客、見えない相手をなめて言いくるめてはいけませんよ。誰が相手かわからないから尚更のこと、注意深く対応すべきですよね。相手がパソコンのプロならどうするつもり?あまりにもマニュアル通りだかなんだかしらないけど、なめすぎ。

ガッツンと怒り狂ったジャイアン守とジャイコ朋香はビールをかっくらいましたとさ。


写真は中庭のクリスマスローズ。
[PR]
by mamopy26 | 2012-05-07 19:13 | 音楽について雑記 | Comments(4)

f0011022_13144849.jpg

f0011022_13144922.jpg

昨日はラ フォル ジュルネ2012鳥栖に行ってきました。目的はわが音の森メンバーズの吉村和弥君のコンサート。
お客さん、集まるかなぁと心配しながらリハーサルに行ったら、もうすでにみんな椅子に座ってて、リハーサルもできないくらい。そのうえ、ちょうど大ホールのコンサートが終了してさらに人だかり!びっくりするくらい立ち見で人だかり!
私達も立ったままドキドキしながら、いよいよスタート。

ラフマニノフのプレリュード"鐘"

リスト 超絶技巧練習曲" 夕べの調べ"

プロコフィエフ ソナタ
7番"戦争ソナタ"

見事に弾ききりました。特にプロコフィエフは圧巻。こんなに成長したかと感無量…。
アンコールの拍手とコールの中、弾く曲があるのに、もう照れてモジモジもじ男君。まぁ、そこは可愛いか?で誤魔化して…。

リストはまだまだ問題があるけど、一番上手く体に入らなかったプロコフィエフは見事だった。キレはよく、独特の味をだし、圧倒的な可能性をみせてくれた。
彼の不確かな選択…日本の大学に進学しない、という不確か選択が輝かしい未来へと繋がりますように。
お疲れさま、おめでとう。

写真は5分だけのリハーサルの時のもの。
[PR]
by mamopy26 | 2012-05-06 13:14 | 音の森音楽院 | Comments(0)