<   2012年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

f0011022_1730241.jpg

Piano Quatuor鹿児島コンサート、筑後コンサート、そして今日のバイオリンの伴奏と怒濤のような日々でした。といっても、まだ明日はコンクールの審査員とか大学とかで忙しいけど、一応ひと段落。

あとは、久留米公演のチケット売りだ!大変!


鹿児島コンサートより、自分としては筑後コンサートのほうが、何て言っていいかうまく言えないけど、感覚として、体の中央になんかがグッと降りながら集まってきた感じで、自分の音を感じれた?音の中にはいれた?

自分としてはまあまあかな?
少し自分を信じて、委ねられたかな?

今日の伴奏は、よかったり悪かったり。筑後コンサートの感覚のほうが、良かったかな?

これからバッハコンクールの雑事やチケット売りで、感覚的に集中力が散漫になるだろうから、自分との対話をしていかないとだな。より一層の対話だ。



それにしても…まじにくたくたで、ギョエーッてくらい眠い…。これから、打ち上げのお食事会。それよか、眠い…。
[PR]
by mamopy26 | 2012-07-22 17:30 | ピアノデュオ・戒重の活動 | Comments(2)

素敵なグラスでビール!

f0011022_12342098.jpg

大水害の後は、うってかわって真夏日。なんだか朝の散歩で思うんですが、日射しが以前と違うみたい。朝から眩しすぎるというか、光りが固いというか。


でもまぁ、こんな暑い日はビールですね。


このグラス、鹿児島のりえちゃんからいただいたんですが、夏にぴったりの明るい爽やかさ!ビールやジュースや、水ですら映えますの。

鹿児島のガラス作家・宮澤 裕明さんの作品。とても透明感があって、明るい生命力を感じる作品ですね。他の作品もホームページを覗いたら素敵!
今度、鹿児島にいったら見に行ってみたいな。

あんなに、水害で足止めくらうなら鹿児島で遊んでくりゃよかった。12時間ドライブより、12時間Asobi in Kagoshimaのほうが良かった。いらんこと私がレッスンいれてたからなぁ。結局、レッスンも出来なかったわけだし。

そんなこんなで、また鹿児島に行く楽しみができました!



宮澤 裕明さん。
ギャラリー ミヤザワで出てきますよ!作品、見れますです。
[PR]
by mamopy26 | 2012-07-18 12:34 | 日々の生活について | Comments(2)

Piano Qutuor鹿児島公演!

f0011022_12521743.jpg

f0011022_12521714.jpg

九州はかつてない大雨の被害で大変なことになってます。自然の怖さ、水の恐ろしさを目の当たりにしました。どうにか落ち着いてくれることを祈るばかりです。人生、何が起こるかわからない…東日本大震災の時も思いましたが、この度も。父の実家も大変なことになってるようです。星野川の氾濫で、八女市ですが、川に隣接してるので、ヘリコプターを要請し、救助、避難をしてるようです。他人事ではないですが、静かな心で受け止めるしかないようです。


そんななか、先週の金曜日、7月13日はPiano Quatuor鹿児島公演でした。新幹線だと、途中で止まった場合がこわいので、守お父さん運転でゴー!高速だと普通三時間で着くところ、規制があり一般道路におりたので、五時間。でも鹿児島は良いお天気で、コンサートは、楽しく終了しました。若い女の子の里会ちゃんにとっては大変だったと思いますが、とても行き届いた素敵なコンサートでした。ソロから連弾、二台4手、二台8手とバラエティーにとんで皆さま凄く楽しんでいただけたようです。特に二台8手の迫力はエキサイティングだったそうです。
りえちゃん、りえちゃんのお母さま、お父さん、おばあちゃん、おにいちゃん、ありがとうございました。


演奏に向けて、嫌がおうでも内省していきます。今回は、自分を信じられてない自分を発見しました。これも本番ならではの宝物です。


しかし!鹿児島からの帰り!一泊して土曜日の早朝出発したんですが、びっくりするほどの大雨情報!高速もあっというまに通行規制…要するに通行止めです。そのひ、仕事をいれてたので電車に切り替えたほうが確実だろうと、同行してる吉村君と大牟田に降ろしてもらったら、あーた!西鉄電車もJRも止まってるわけですわ。あたふたと守お父さんに電話してまた戻ってもらい車で久留米へむけてゴー!のところが、全く動かない。一ミリと進まない。渋滞っやつです。なんでかわかんないけど渋滞。途中でやはり行きたくなる場所がありますよね。そうです!あそこ!昔からお腹が弱くて、よく交番やコンビニに借りにいきますが、あまりの田舎でコンビニはない。交番じゃなくて、どでかい警察署はありました。なんか火曜サスペンスが脳裏に浮かび、あの警察署表玄関のステップは上がれない。もちろん、なにも悪いことはしてませんが。で、トヨタの整備工場へ。シルブプレしました。お父さんはパチンコやさん。

そんなこんなで進み始めてわかりましたの。ギャー!道路冠水!シャッパーと飛沫をあげながら通りました。その際、わたくしとギャルソンは軽くカメラマン。
その後、矢部川!いやぁ、びっくりしました。溢れて狂うような濁流。突き刺さっている流木。車の中はあまりの恐怖に悲鳴続出。(注・悲鳴をあげてるのは若干一名。すなわち私(^_^;)


で久留米に着いた時間は7時。12時間のドライブでした。守お父さん、運転お疲れ様。私は騒いでてそれなりにお疲れ様。吉村君もおうちが恋しくなったようでお疲れ様。

今週の金曜日は、筑後公演です!ファイトです!
[PR]
by mamopy26 | 2012-07-17 12:52 | ピアノデュオ・戒重の活動 | Comments(2)

魅惑のコラボ!

f0011022_1732994.jpg

大好きなガブリエル コレットが台本書いて、ラヴェルがオペラに仕立てた"子供と魔法"

かわいくて、魅惑的。蛙の鳴き声、蜻蛉の音、柱時計の騒ぎだす爆裂音…どれをとっても、ラヴェルが摩訶不思議な、奇想天外なことが、魔界が、妖精の世界が好きなことがよくわかる!

まっとうな人間の感覚でなんて、音作りしちゃぁいけませんな!


見えない世界を信じ、自分を信じ…この自分を信じが一番難しいでごんす。

あっ、一つ扉が開いたっ!
独り言。



とにもかくにも、ラヴェルとコレットのコラボなんて、最高ー!
[PR]
by mamopy26 | 2012-07-05 17:32 | 音楽について雑記 | Comments(2)

Piano Quatuor筑後公演

f0011022_17345981.jpg

Piano Quatuor鹿児島に引き続き、一週間後にあるPiano Quatuor筑後公演のご案内です。

筑後公演は、白濱清子さん(しらはまさやこ)が主催です。
彼女も若いのに一手に引き受けてくれ、とてもとても大変だと思います。

キリスト教会のオルガニストも務めている、とても音楽的な、人の心を癒す優しい音を持ったピアニストです。

必ずや沢山の天使さんたちに囲まれた暖かなコンサートになることでしょう。

是非ともコンサートにお立ち寄りください。

日時:7月20日
18:30開場 19:00開演

場所:サザンクス筑後 小ホール

チケット:一般1500円
高校生以下1000円

お問い合わせ
090-3077-9782 白濱
090-1345-9271戒重




プログラム
第1部
バッハ:主よ、人の望みの喜びよ。
白濱清子&戒重守

リスト:超絶技巧練習曲より"夕べの調べ"
プロコフィエフ:戦争ソナタ
吉村和弥

モーツァルト:アイネ クライネ ナハトムジーク
戒重守&朋香

ショパン:ノクターン 遺作
ヤナーチェク:"霧の中で"より
白濱清子

ラヴェル:ラ ヴァルス
戒重守&朋香

第2部
二台4手
バッハ:シャコンヌ(無伴奏パルティータ 戒重守編曲)
戒重守&朋香

二台8手
スメタナ:ロンド
白濱清子&吉村和弥&戒重守&戒重朋香

サン-サーンス:ダンス マカブル(死の舞踏)
白濱清子&吉村和弥&戒重守&戒重朋香


楽しいコンサートにするぞぅ!
暖かなコンサートになるぞぅ!
どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by mamopy26 | 2012-07-01 17:34 | ピアノデュオ・戒重の活動 | Comments(0)