<   2013年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

お雛様。

f0011022_10111946.jpg

f0011022_10111992.jpg

やっとこ今年もお出ましになりました。わたくしの生まれたときの年代物"お雛様"
もちろん、千年はたっておりませんのよ。



このお雛様お二方にご対面なされた皆様は、少し吹き出されたりなさいますの。

ちょこっと風変わり?

ちゃんと御包み申し上げてますが、なんだかずーっと寝癖がついてしまいますの。

おかっぱ頭さんなので、寝癖つきやすうございます。

で、冠がかわってると…。
一応、鳳凰飾りでございますのよ。でもなにかしら隣国シナを彷彿といたしますようで。


暖かい春を思わせる陽射しの本日、今年のお出ましにございます。

毎年のことですが、お出ましがかなり遅ぅございます。よってあっというまの退座とあいなります。

その瞬間にお目もじなさるかたは、幸運?かと存じます。


今年のお伴のお飾り花は、今は亡き姫宮ナナが、昨日いただきました愛らしいお花でございます。


今から慌ててあられを調達にまいります。


いにしえのお雛様をお楽しみくださいませ。
[PR]
by mamopy26 | 2013-02-25 10:11 | 日々の生活について | Comments(6)

f0011022_178345.jpg

バッハのスペシャリスト、イエルク デームス氏のバッハ 平均律レクチャー&コンサートが来る4月4日の14:00からございます。

かなりの高齢ながら精力的にレクチャー&コンサートをなさってます。バッハのレクチャーは数多くあれど、真髄をお伝えくださるレクチャーは、滅多にないとおもいます。

つい最近、このお話を伺ったとき、まさに望んでたレクチャーだと思いました。まさに引き寄せたぞ!くらいの勢い(笑) いやいや、あなたが引き寄せたわけではありません、とのたまう声が聞こえてきます?

が、しかしそのくらい嬉しかったほど。
多分、もう…失礼ながら…この先、お聴きする機会はないかと…。


そんなわけで、ご興味のあるかたはご一報ください。



イエルク デームス
レクチャー&コンサート

第一部
14:00-15:30
バッハ 平均律クラヴィーア曲集 第1巻
第1から第12番について。

第二部
16:00から
バッハ
平均律クラヴィーア曲集
第1巻 第1番から第12番

フランス組曲 第5番

場所
西南コミュニティーセンターホール


宜しくお願いいたします。
[PR]
by mamopy26 | 2013-02-21 17:08 | 音楽について雑記 | Comments(2)

ちかれた…。

長崎の某女子大、その名も活水女子大…なら、某をつけるなっ。確かに。

その活水女子大の音楽学部の実技試験から戻ってるとこです。泊まりがけが苦手なわたくし。夜が怖~ございます。

ホールのなかに缶詰ざんす。

で、苦手な泊まりを無事に乗り切りはしたものの魂を吸いとられたかのように眠いです。要するに怯えながらの睡眠のせいか、ふついに寝不足。

で、真っ暗なホールで…危ないところでした。指に鉛筆なんぞ挟んでたら、あーた、カラーン コロコロになりかねない。ホールは響くように作られてる。用心用心、というか寝ないように用心ですね。用心のしどころを間違えてはなりません。

そこへ、本日は実家の母の10年ぶり、二回目のペースメーカの手術という気がかりも加わり、妙に疲れた1日でした。長崎帰りに、さきほど入院先の病院にいってまいりました。心臓の手術なのに、もう元気に夕食を済ませてました。あぁ、良かった。

神様、ありがとうございます!


そんな1日でした。
[PR]
by mamopy26 | 2013-02-20 19:27 | 音楽について雑記 | Comments(0)

少しほっ。

f0011022_2132088.jpg

先週の木曜日の夕方、急にゴン君が嘔吐しました。夜中に五回吐きました。金曜日の朝1で病院へ。

それから、嘔吐と下痢が続き、食べてないのに下痢が続き(T_T)

五日間、食事を抜きました。7キロ痩せて…。

しつけの先生に毎日相談のメールしながら、サポートしていただき、水曜日の今日、ようやくうんちの状態が戻りつつあります。


もう、いとおしくて。

10才という年齢だから、何が起こってもと思っても、やっぱりいやっ!


低脂肪食をやっと食べさせたら、もっとくれっという要求吠えすら嬉しい。

いつもは頭にくる要求吠えにすら嬉しい。

散歩に行くときの大騒ぎひとつに大喜び。


がつがつ食べてくれて、スヤスヤねんねしてくれて、立派なうんちしてくれる…これだけで幸せですね。


ゴン君、もう少し我慢、頑張って治そうね!
[PR]
by mamopy26 | 2013-02-13 21:03 | 動物たちのこと | Comments(2)

久留米国際バッハ音楽コンクールのホームページができました。
http://bachcompetition.jimdo.com/

見に来てください。

過去の受賞者がまだ全員、アップされていないので
「私が載っていない!」という方は、受賞歴を添えてご連絡くださいませ。ペコリです。

ホームページのバナーもあるので、みなさんのブログやホームページに貼りつけて宣伝をお願いいたしましす。やはりペコリです。
f0011022_1517181.png

[PR]
by mamopy26 | 2013-02-13 15:19 | 九州国際バッハ音楽コンク-ル | Comments(0)

サリー様のひとりごと。

f0011022_1901259.jpg

サリー・アントワネット・カイシゲ。
すんごく気位が高くて、感情的になるのは嫌い。いつもゆったり優雅にいたいの。
(チンチラは動きがとろいとの説あり。解説 by 乳母)




だから、あたち、ナナお姉ちゃんがバイバイしても泣かなかったわ。

むしろ、知らん顔してたわ。
まるで、興味がないみたいに。


黒くて臭い下僕のゴンなんて、なんか泣いてたわ。


でもね、時々、パパに甘えるの。ベッドにも、パパがどうしても来てくれって言ったら行ったげるの。もちろん、仕方なくよ。けっして寂しくなんかないわ。

絶対、寂しくなんかないわ。


楽しかったな…ナナお姉ちゃんと走りっこしたり、壁の飛びげりしあいっこしたり。そういえば、なんどもおじいちゃんちにお泊まりも一緒にいったわ。一回なんか、おじいちゃんちで夜中、かくれんぼしたわ! そうよ、二人で!
おじいちゃんとおばあちゃん、大騒ぎして探してたの。楽しかったわぁ。


あ~ぁ。もう会えないのかなぁ。



あ~ぁ。
[PR]
by mamopy26 | 2013-02-12 19:00 | 音楽について雑記 | Comments(2)

演奏会のお知らせです。

f0011022_19213224.jpg

来る4月27日に"Trio des Amis"と題しまして大学の同級生三人による演奏会をいたします。

同級生である三人はともに久留米市芸術奨励賞をいただき、折角だから一緒にしましょうということになりました。


出演者
藤吉 浩代(ヴァイオリン)
戒重 守(ピアノ)
戒重 朋香(ピアノ)


♪プログラム♪
シューマン: ヴァイオリンとピアノのための三つの幻想小曲集

バッハ:ピアノ協奏曲 第1番(二台ピアノ)

リムスキー・コルサコフ:"シェエラザード" (ヴァイオリン、二台ピアノ)


場所: 石橋文化ホール

時間: 13:30開場 14:00開演

チケット: 一般 2000円、高校生以下1000円


どうぞ宜しくお願いいたします。
頑張りま~す!


お問い合わせ: 0924-2-2650
kaishige@kimin.ne.jp
[PR]
by mamopy26 | 2013-02-11 19:21 | ピアノデュオ・戒重の活動 | Comments(0)

いとおしい その1

f0011022_14594781.jpg

気持ちよさそうにねんねしてるゴンくん。いとおしいなぁ。

元気に食べて、スヤスヤねんね。

これだけで幸せだな。


温かくて柔らかい、生きてるっていいね。

なにもしなくても、なにもできなくても、安心しきった寝顔はみんなを幸せにしてくれるね。


おっと…目をあけたぞ。
[PR]
by mamopy26 | 2013-02-08 14:59 | 動物たちのこと | Comments(0)

f0011022_7321295.jpg

f0011022_7321324.jpg

f0011022_7321378.jpg

昨年いただいた久留米市芸術奨励賞受賞記念ディナーコンサート、とても和やかに素敵なパーティーでした。

思ってもいなかった沢山のお花も届き、こんなに皆様に良くしていただいていいのかしらと思うくらいでした。

久留米市芸術奨励賞も、皆様の沢山の支えでいただいたものです。私たちだけでは一歩も前に進めません。演奏会にしてもバッハコンクールにしても。本当にありがとうございます。


30分ほど演奏をして、ディナー。
御食事の間に子供たちの演奏もお願いして、本当に本当に和やかでした。


なんて幸せなんだろうと感じました。

そして、改めて、こんな変わり者でワガママでマイナス志向の私をコントロールしてくれたなぁと守氏に感謝です。


これからも、もっともっと演奏に集中し、もっともっと深い世界を表現していけるように頑張ります。

どうぞ宜しくお願いいたします。
[PR]
by mamopy26 | 2013-02-03 07:32 | ピアノデュオ・戒重の活動 | Comments(0)