<   2015年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

f0011022_1332635.jpg


演奏にむけて迷いはつきもの。

まず、選曲。

で、いい演奏ができるか。


そして、そして、

弾くこと自体に迷い。



そんな日々。



そんなこと言ってたら天国の山岡優子先生に怒られるな。


あの先生は、ハチャメチャだったけど、私のピアノのお母さん。
亡くなったとき、ピアノを弾く気がなくなった。


先生は亡くなるまで弾き続けた。勿論、実力が違うけど。
当たり前に先生みたいに死ぬまで弾き続けようと思ってたあの頃。

大変なことなんだ。


次に弾くのをやめようと思ったのは、3年ほど前にミシェル ダルベルトのリサイタルをオーガナイズし、そばでダルベルトを感じた時。
こんな人がいるんだから、私なんて意味ないや! と。

1週間以上ブーたれてたら、ちょうど山岡先生の命日あたりに、あるDVDに巡り合った。”エディット ピアフ”
何回も泣いて。
気がついたら弾こうと思ってた。山岡先生から、叱られた気がした。”朋香さん、なに馬鹿なこと言ってるの!”

だから先生からのプレゼント。


この迷いも、演奏に向かうということでもあるな。



まぁね、弾きたいんだもんね。

同時に、そう思える生徒さんたちを育てたい。弾きたいんもん!って思ってくれるような。


写真はようやく咲いてくれた
ソレイユ ロマンティカちゃん!





iPhoneから送信
[PR]
by mamopy26 | 2015-05-30 13:32 | ピアノデュオ・戒重の活動 | Comments(0)

f0011022_10422556.jpg


なんて薔薇は美しいのでしょう。透けるような花びら、甘い香りをふるえるように漂わせる彼女たち。

自然はすごいですね。
想像を超える美しさ、荘厳さ、厳しさ…

きっと、ドビュッシーやラヴェル、詩人のボードレールや画家達みんな、この美しさに憧れ、それを音符に、文章に、絵にしようとした。限りなく自然に近い人工の美しさで限りなく美しい楽園を映しだそうと。


そして、見る人を、聴く人を、読む人を感動させ、それぞれの心象風景を引き出す。

その裏には精巧な機械が静かに動いている。
まさに本物と見紛う計算された和声、計算された欺きのようなズレ。

弾く人間はそこへ、その機械の迷路に入っていかなければならない。
迷っても、泣きそうになっても。
完璧な人工楽園に近づくために。



目指すとこはそこだけど、技量不足でままならない日々で〜す!



iPhoneから送信
[PR]
by mamopy26 | 2015-05-27 10:42 | ピアノデュオ・戒重の活動 | Comments(0)

f0011022_9431550.jpg


昨日は母の買い物に付き合って久しぶりに福岡に出ました。
ロフトに行きたがってたので、そこでお気に入りのツバメノートとFaber Castellの好きな色3色を買いました。
もともと色鉛筆は好きで分析の時使うし、ちょこちょこ絵っぽいもの描くときにも。
引っ越しのとき、ほとんどがチビ助になってたのですっぱりバイバイして、新しく集めていきます。
これ水彩色鉛筆で、すごーくいい!
それ用のスケッチブックを買うぞ!

なにより、ピアノを弾くのにイマジネーションが大事ですよね!ピアノに限らずだけど。
秋にコンサートを企画してるんですが、それに向かって絵に気持ちを向けるのだ。
この色鉛筆、高いけど、下手な私でも描きたくなるほど感触と色合いがいい!


ツバメノートは1度使ってトリコになりました。鉛筆の滑りがなんともいいのだ!




iPhoneから送信
[PR]
by mamopy26 | 2015-05-25 09:43 | ピアノデュオ・戒重の活動 | Comments(0)

f0011022_1349327.jpg



バッハ 二台のピアノ為のコンツェルトをちらっと合わせてみた。まだまだだめっ!
でも、タイを使った合いの手的な音型や、すっと二台が3度で寄り添うあたり、かなり興奮。弾けてないのにヘラヘラ笑いがでる。

守父ちゃんは、何がおかしいの?と呆れ顔。


で、生徒さんにもお伝えしたいことではあるけど、何か違和感や弾きにくいと感じたら、そのフレーズを何度も何度も弾いてみたら少し見えてくるみたいです。
いろいろ考えてもしっくりいかないときは。

グレン グールドですら、あの天才ですら、レッスンのとき、先生そっちのけで納得いくまで、それこそ執拗に弾き続けてたらしいです。

いろいろな奏法や解釈もあるが、自分の腑に落ちないとあまり身にはならないのかも。

写真はお庭の薔薇とクリスタルのクラスタ-。ブルガリアの水晶museumでいただいたもの。




iPhoneから送信
[PR]
by mamopy26 | 2015-05-23 13:49 | ピアノデュオ・戒重の活動 | Comments(0)

f0011022_10355530.jpg





今朝もとても素敵な青空です。
今から長崎の活水女子大にレッスンに行ってきます。

さて、脱力は大事とよく言われます。
一言で脱力といっても難しいこと。

まず、小さい子は手がちいちゃいし、骨もまだやわんやわんだから、まず音を出すことが大変。

いつも言うことは、”小さい音でいいのよ”

昨日は、すごく音楽的で上達してる女の子。どうしても軽やかな音にしたい。でも5の指がキュッと縮まったり、2の指が鉛筆みたいにつきたったり。この力の入り具合を取らないと軽やかするのは難しい。絶対しないと!

3連符一つにメトロノームをゆっくりめに合わせ、あまり強くない音で、しかし鍵盤の底を意識してもらいながら。試行錯誤しながら、それをスタッカートですることで、指の縮まりなどがなくなった。
上から、手毬をつくように。ちょうど、手の中に握った泥団子みたいなのを、地面にポンポン落とすイメージ。力も落ちていく。
来週も脱力を頑張ろう!

やはり、イメージを持って、教える側が諦めないことかも。

さて、今日は大学のレッスン。頑張ろう!
写真はお庭に咲いたストロベリーアイス!綺麗!




♪ アナリーゼの会、再開予定!♪




iPhoneから送信
[PR]
by mamopy26 | 2015-05-20 10:35 | 音の森音楽院 | Comments(0)

f0011022_165421100.jpg

f0011022_16542178.jpg



バッハの二台のピアノのためのコンツェルトを練習してて思った。

昔から指のフォームが気になるところがある。今も、より良い音が出したいと、諦めきれずにいろいろな奏法を試してみる。

どれも、行き着くところは美しい音だからそれなりに効果が出る。

しかし、まてよ?
なんか違うぞ。

若い頃はもっと伸び伸び自分の感覚で弾いてたぞ。
もちろん感覚のまま弾けばいいわけではない。
分析の大事さはよくわかってる。
でも、なんか、分析とか奏法に囚われてない?わたし?
心の耳で歌い込んで音を作ってる?


難しいなぁ。



求めるものの具体性が足りないのかなぁ。


考えすぎるのかなぁ。


薔薇の香りの音が弾きたいんだけど。


最近、頼まれて沢山の巨匠ピアニストについて書いてたんだけど、やっぱり音楽の中で、何かに向かって音とともに歩いてるんだなぁ。
聴き手も、その世界に引き込まれて、一緒に旅をするんだなぁ。


改めて沢山の巨匠ピアニストを調べ、聴いたのはすごく良かった。



写真は、綺麗に綺麗に咲いてくれてるストロベリーアイス。


今日はほとんど独り言。
雨の日の独り言!





iPhoneから送信
[PR]
by mamopy26 | 2015-05-18 16:54 | ピアノデュオ・戒重の活動 | Comments(0)

f0011022_12285360.jpg

f0011022_1228536.jpg

f0011022_12285468.jpg

f0011022_12285493.jpg


上から2枚目は、今年、石橋文化センターのバラフェアで買ったストロベリーアイス。
蕾が膨らみ始めました。
薔薇たち、仄かな香りを放って幸せな気分です。


今日は、午前午後と音大を卒業し、ピアノの先生をしてる教え子さんたちがレッスンに久留米から来てくれてます。

大学を出てもレッスンに通ってくれるって嬉しい。


小さな生徒さんも、大きな生徒さんも、出来るだけ本人の身体に馴染む方法で、違和感の少ない方法でアプローチしようと気をつけてます。
最初的に、個性が出ない演奏は望まないから。みんな、先生の好みのまんまって面白くないから。

とは言え、楽譜通りの基本の上のことです。

指遣いは、かなりうるさいかも^_^;
子供は目の前の音のことしかまだ注意できないから、先に進めない指遣いをしてしまいがち。
先を見て決めてある運指を尊重して譜読みする習慣を小さい頃からつけてもらいたいから。
まぁ、根競べね^_^;
相手はこっちがどのくらい許してくれるか、子供特有の動物的感で計ってくるから^_^;

だから、

”あのね、先生、諦めないから、あなたが諦めてね!”って言います。

楽譜通りと指遣いの習慣がついたら、後は自由!
書いてない部分の強弱は、どのやり方が好きか本人に決めてもらう。とは言え、まだ選択が上手くいかないことがあって当たり前。大事なことは、考えること。間違いとかも基本ないわけだし、まず自分の趣味を考えてもらうことが一番大事と思ってますの。

で、その他の方法を提示し、二人でどれにするか考えるのだな。
小さい生徒さんが、自分の意見を言うと嬉しいやら、かわいいやら。へんちくりんな答えも嬉しいし楽しい。

そんなふうにして子供たちと進んでいきたい。



♪ 体験レッスン受け付け中♪

久留米教室
筑紫野教室

筑紫野教室にはラブラドール犬とメインクーン猫がいるよ!
関係ないかっ。
動物と薔薇とピアノ!



iPhoneから送信
[PR]
by mamopy26 | 2015-05-15 12:28 | 音の森音楽院 | Comments(0)

f0011022_738236.jpg


昨日の火曜日は、雨の中、忙しかった。

バレエいって、帰りに習い事嫌いな私が、フランス語を見学行って、二日市に戻りダッシュでゴンをおしっこ散歩に連れて行き、即久留米へ。お借りするレッスン室で初めてのレッスン。案の定、道に迷った^_^;
迎えに来てもらいレッスンして、別のとこでレッスンしてる守父ちゃんが迎えにきてくれて家に着いたのが9時半すぎ。
まぁ、こんなとこ。

でも、急な引っ越しなのに、本当に生徒さんたちに助けてもらってる。ありがたいです。守父ちゃんには、昔の生徒さんの妹ちゃんのレッスン依頼が。附設高校の後に伺うことに。
戒重の兄からの理不尽な要求で急に引っ越しになり、おさまりのわるいまんまの新生活スタート。落ち着き所が見つかるまで流れに任せてみよう。

大人の生徒さんたちも、筑紫野のレッスン室へどんどん来てくださってる。

今日は連休明け初めての活水女子大でのレッスン。
頑張ろ!

東北でかなりな地震。

被害が少ないといいな。
どんなにか恐怖だろう。


ではっ!


iPhoneから送信
[PR]
by mamopy26 | 2015-05-13 07:38 | 音の森音楽院 | Comments(0)

f0011022_12474510.jpg


朝ごはんのテーブルに乗ってしまいお外に想いを馳せるソフィーちゃん。


今日は午後から守父ちゃんの久留米の生徒さんたちが筑紫野の教室まで来てくださる。

私達の突然の引っ越しでご面倒をお掛けしてる。
こちらまで皆様来てくださることに、ジーンとするほどありがたいです。


さて、朝はドビュッシーの二台ピアノの曲を練習してみた。Prélude à l'après midi d'un Faune。

実にややこしい。
なまめかしい曲なのに数学的にきちんと土台を作らないとだめだな。
弾きこむ前にすることが沢山。
作曲家のこと、その曲のことを調べ土台を作らないと、方向が違ってくることがある。
意外にうっかりしてしまう事項。

Youtubeで、ベルリンフィル、ラトル指揮で、フルートのソロパートを世界のパユ様が吹いてらっしゃるのを聴いた。

ドビュッシーだからフランスのオケを聴き始めたが、たまたまベルリンフィルのに行き当たり聴いてみた。パユ様は違う!やはり素晴らしい。
知的で冷静で、しかし冷たくなく暖かく、全く自然に決してバランスを崩すほどやり過ぎることはなくアピールする。抜群のセンスで聴く人を魅了する。さすがフランス人!


さて、今から沢山のピアニストについての調べるぞ!



♪音の森音楽院♪

久留米教室
筑紫野教室

体験レッスンしてマウス!
体験レッスンしてマンモス!

なにやってんだ?わたし。






iPhoneから送信
[PR]
by mamopy26 | 2015-05-10 12:47 | ピアノデュオ・戒重の活動 | Comments(0)

f0011022_9281114.jpg

f0011022_9281287.jpg



ピアニストであり執筆家である青柳いづみこさんのサイン入り本が届いた!
ご本人から!
それが欲しくてオフィシャルサイトで申し込んだんだけど^_^;

おまけに大好きなグレン グールド!
朝はグレン グールドの”ゴールドベルグ変奏曲”を聴きながら食事!

今日は朝からずっと夜までレッスン!がんばろう!


只今、タッチの研究中。
自分で試行錯誤して、自分のピアノ演奏で試してみて、生徒さんに伝えたいのだ。
iPhoneから送信
[PR]
by mamopy26 | 2015-05-09 09:28 | ピアノデュオ・戒重の活動 | Comments(0)