本の楽しみ。

f0011022_9595648.jpg


カズオ イシグロ
ノーベル賞作家。

もう10年以上前、いや、20年以上前だろうか、ブッカー賞を取った"日の名残り"を読んだ。


そして、ノーベル賞受賞の少し前に、"私を離さないで"をたまたま読んだ。まさかその後にノーベル賞受賞するとは思ってもいなかった。

あまりに以前読んだ"日の名残り"とは感じが違った気がして戸惑った覚えがある。

ノーベル賞受賞後、そんじゃあと、数冊読んだが、流石。

記憶というテーマが常に静かに流れ、それを流石なストリーテラーの技で、霧が晴れるように解き明かしていく。解き明かしていく、というのは、サスペンスではないが、人物、方向、全てが霧がかかったように明確でないなかで物語が進んでいくから。

これが終わったら、やはりノーベル賞作家でアフリカのキクユ語で書かれたという本(もちろん日本語訳)と、やはりノーベル賞作家でトルコの作家の作品をアマゾンでぽちした。
週末、下関に行くので旅の友は必須!

今日は長崎の大学!読むぞ。

iPhoneから送信
by mamopy26 | 2018-05-09 09:59 | 音楽について雑記 | Comments(0)