梅光女学院同窓会総会

f0011022_145617100.jpg



久しぶりの母校の同窓会。

学校にはろくに行ってないから、知らないことだらけ(笑)

そして、普通科の人たち、ほとんど思い出さない、というか知らない。超美人だけ覚えてる。失礼しました。ダハ。

今、梅光学院は揺れに揺れてる。

同窓会会長は我らが清川先生。

渦中の学院長もきた。
会の最初からある種の緊張感があった。

梅光は歴史の古い、地域では有名なキリスト教主義のお嬢様学校。同窓生はみな、おっとりとしたお嬢様気質。

闇の力でも使ったのか?と言いたくなる異例の勢いで、幼稚園から大学、大学院までを有する梅光学院の院長まで上り詰めた女性院長 樋口紀子。

おっとり気質を甘くみてたのであろう、いや社会すら甘くみてる。
中盤から、大好きな清川先生の申し出にも快諾するわけにはいかないほどに、昨今の梅光事情に怒りが炸裂し、ついに院長が壇上にて回答せざるをえなくなった。が、尋常じゃないやり手の院長、国会答弁の様に、全ての質問を斬って捨てていたが、最後に同級生で牧師の奥さんであるOちゃんが、畳み込むように質問と攻撃をしたら、初めてタジタジとなり、墓穴を掘る発言をした。

目的であった同窓会から大金を手に入れる計画は宙に浮いた。

とはいえ、あれだけの抜け目ない勘のよいやり手は、今後の学院計画には痛くも痒くもないかもしれないが、そう簡単ではないとは思っただろう。

私は別に愛校心があるわけではない。なにしろ休みまくってるくらいだから。
だが、人をなめた狡い遣り方は嫌いだ。


そんなこんなの総会。ずっと連絡が取れず音信不通になっていた先生に会えたことが何より良かった。

夜の同期会は、盛り上がったね。
知らんひとばっかで、音楽科の友達とボチボチ話してただけだけど。

写真は関門海峡。



iPhoneから送信
[PR]
by mamopy26 | 2018-05-14 14:56 | 音楽について雑記 | Comments(0)