世の中の動き。

f0011022_8474166.jpg


母校の同窓会に行き、あの歴史のあるキリスト教主義の学校がもしかしたら消えてしまうかもしれない、とフランス語の先生に話した。
すると、英語版の新聞に、以前のってた記事の話しをしてくれた。

それは、30年前だ、かそれ以前から日本の少子化が始まり、今や世界の中でも、その状況が際立っていて、日本は2030には消える、と。
母校の衰退、してやられた、など嘆いてる段じゃないのか。
少子化はわかってるけど、日本が消滅とは。

あと12年。そこで日本がなくなるのは現実味がないとは思ったが。

そして、先日、ビュールレ コレクションに行きすがら、太宰府という土地柄もあり、海外からの旅行客だらけ。
今やどこもだけど。

一緒にいたデザイナーのかたが、"まるで自分たちが外人みたいだね。"と。

あっ!と、思った。
そうゆうことか!と。
日本という国は、やはり能力も高く、価値があるので存在はする。しかし、その実体は他国に握られている。
日本という国に日本人として暮らしてはいても、私たち日本人が外国人のような存在になる。

よくあるはなしで、会社の合併とは響きが良いが、力を落とした会社の乗っ取りみたいな形。

中国があちこちの土地を買い漁ってる話しも聞くし、ほかの国も然り。



そしてデザイナーのかたが、こうも言っていた。

今、スポーツ界はひどい膿が出ている、まだまだ出てきてない部分で沢山の膿が溜まってるだろう。それを引きづりながら東京オリンピックに向かう。それこそ日本の威信をかけて。
膿共々。なおさらにエネルギーが取られるだろう。
悪い膿を、大量に抱えたまま。

黒く悪い力がまるで勝利をおさめたように。

その後、神の采配が下されると思い、と。
それは地震だとか、なんとか分からないが。


昨今、自分の周りでも、目の前でも、権力をかさにきて、好き勝手にし続けてた人が突然失脚するのをみる。それも、きっかけは、その人にとって、虫ケラのような存在。決して陥れてやろうという意図などなく。

今世間を騒がせているスポーツ界もまさにそうだ。

この後、日本がどんな道を辿るかはわからない。
しかし、生き方を真剣に考えさせられる。
考えなければいけないなとつくづく思う。


写真は弦ちゃんの赤ちゃん時代!
毛虫〜!かわいい!


iPhoneから送信
[PR]
by mamopy26 | 2018-05-28 08:47 | 音楽について雑記 | Comments(0)