音も土台の土つくり。

f0011022_2053769.jpg




とても気持ちいい天気。
長崎の活水大に行く前に、玄関にアメリカンブルーを植えました。爽やか!

バッハコンの要項ができ、今年はビニール袋入れから、仕分け、配送を全て皆さんに手分けしてやって貰ってます。
以前は、全部してたわけだけど、よくやってた、というより、コンクールしたくなくなるほど疲労してた。ぐったり。
去年から、守氏がエブリデイ フルタイムで久留米附設高校通いになったから、どこからどうみても1人では不可能&確実に身体壊す。

申し訳ないけど、お言葉に甘えて皆さまにしていただくことにしました。




ピアノについて。
なんかね、案外自分の出してる音って聴いてないことが多い。聴かずに弾いてる。

山岡優子先生が喚くように、口を酸っぱくしておっしゃってた。

"聴き弾き〜!"

それには、まず弱めの音でゆ〜っくり、寝てしまうくらいゆっくり弾き。片手ずつ、もしくは和音もバラバラにしてゆっくり味わうように弾く。
これは、チョコ。これはイチゴ。って感じ。
小さい子にはこの言い方、効果あり。
まず、息をすってたっぷり吐いて、ゆっくり柔らかに音を聴く。

そこからしなきゃ、前に進まない。いや前がない?

柔らかく暖かく芳醇に、土台の土を耕して初めて育つのだ。
どう育つのかなんて、二の次。これをちゃんとしとかないと、次はないんだし。それをしとけば、どうにか育つ、と思う。

自分の演奏もだね。
音を聴こう。

今日も1日無事に終わりそうだ。
ありがたい。

皆さまにとって明日がまたまた良き日でありますように。

iPhoneから送信
[PR]
by mamopy26 | 2018-06-13 20:05 | 音楽について雑記 | Comments(0)