人気ブログランキング |

<   2017年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

不死鳥?

f0011022_644095.jpg


毎日、父のお見舞いに3人で行ってます。
今年もつかどうか、といわれて、実際のところ肺の水は増え、尿の出も悪くなり、酸素のチューブから酸素マスクになり、食事も差し入れの果物とハーゲンダッツのアイス以外ほとんど食べなくなり、ほとんど喋らなくなり、転院できるレヴェルも超えたと言われて、本当にいよいよのところにきてました、昨日まで。

今日12/30、行って見たら、起き上がってる!
その日は何度もベッドに腰掛けさせてもらい、食事は久しぶりに車椅子でほぼ完食!

看護師さん、ベッドに腰掛けたときは、わぁ!と声をあげたらしい。

そして、"不死鳥ですね!"と。

なんだか年は越せそう。

私はちょっくら風邪。

iPhoneから送信
by mamopy26 | 2017-12-31 06:04 | 音楽について雑記 | Comments(0)

久しぶりの対面

f0011022_1684799.jpg

午前中、レッスンして、午後から弦ちゃんのブリーダーさんが久しぶりに会いにきてくださった。訓練の途中で、でかい車にシェパード6頭のせて!

思ったとおりのバランスの良さだと言っていただき、これからのしつけのポイントも教えていただいた。

その後、社会勉強も兼ねて、買い物に車に乗せて連れてきてます。あまりの車の中で大人しすぎて心配なくらい。ゴンだと車が揺れそうなくらいだった。

その途中で父のお見舞いに。
かなり弱ってる。
仕方ない。

iPhoneから送信
by mamopy26 | 2017-12-27 16:08 | 音楽について雑記 | Comments(0)

インコ!

f0011022_12481360.jpg

f0011022_12481381.jpg

かわいい生徒ちゃんがくれたベニコンゴウインコとオカメインコ。キャワイイ!
ありがとう!

今日は久しぶりにバレエに行ってきました。今年最後。
あぁ、楽しかった。気持ち良かった!

今から父のお見舞いに!

iPhoneから送信
by mamopy26 | 2017-12-26 12:48 | 日々の生活について | Comments(0)

-

今日は守氏の大事な友人、亡き鬼塚さんの経営する保育園でのクリスマスコンサートでした。

現園長の奥様と鬼塚さんのお話をたくさん、思い出話をたくさんしました。


そして、時間があったので、久留米で美味しいランチを守氏として、私は久留米教室のレッスン。

その後、父のお見舞いに福大筑紫病院へ。
本当に先生も看護師さんも驚くほどの頑張りです。が、徐々に移行期にはいったようです。
本当に看護師さんたちには良くしてもらってます。ありがたい気持ちで一杯です。

そして、お父さん、頑張ってるお父さん、ありがとうございます。
iPhoneから送信
by mamopy26 | 2017-12-25 17:39 | 音楽について雑記 | Comments(0)

真っ赤な並木道

f0011022_6583797.jpg

昨日、佐賀大の補講授業に行くバスの中でハッ!と目をひいた真っ赤な並木道。写真ではあまり色が出ませんが綺麗だった。


父のお見舞い日参に母も私もバテバテ。ただ行くだけなのに、大事な身内が死に向かっているという紛れも無い事実に対する精神的な疲れもあるだろうし、病院という致し方ないが空気が淀んでる空間のせいもあるかも。

いつも知らんぷりばかりしてるし、あまり好きじゃないつもりなんだけど、実は好きなのかも、と思ってしまう。
ただただ少しでも楽にいってもらいたい。


もう残された時間は僅か、と主治医に言われてからの父の踏ん張りには尊敬に値する。
肺に水も溜まって、動くだけで肺のヒューヒューが聞こえるし、尿も少なくなってきてるのに、
生きるために出来る仕事は食べることだ!と、頑張って完食してる。先生も看護師さんたちも驚いてる。

にしても3月に危ないといわれ、常に携帯電話を取れるようにしていてください、といわれてから半年以上。父の頑張りもあるが、若干、若い主治医の見立てに疑問?
まぁ、人間って、それくらい不思議なものだということかもしれないな。

今日は長崎の大学なので、病院には行きません!

寒い日が続きます。皆様もご自愛ください。

iPhoneから送信
by mamopy26 | 2017-12-20 06:58 | 音楽について雑記 | Comments(2)

f0011022_12472343.jpg


お母ちゃんがボクの耳がでかいからって、"獰猛な顔のウサギ"といいます。ボクはウサギではありません。


成長途中で実にバランスの悪い極上の可愛らしさを醸し出してる現在の弦ちゃんです。



★今日のおしっこ予想★
今日は朝早くからお父ちゃんもお母ちゃんもお仕事なので、しかぶってるでしょう。

iPhoneから送信
by mamopy26 | 2017-12-19 12:47 | 音楽について雑記 | Comments(0)

弦ちゃん、光合成!

f0011022_12151436.jpg

大型犬は成犬になるのが小型犬より長く期間がかかる。
だいたい2年と言われている。
身体だけはバンバン大きくなるので、内臓や骨が追いつかないとらしい。

まだ散歩らしい散歩は2回くらいしかしてないつもりだったが、骨に負担がかかってたようで、弦ちゃんただいま、びっこをひいてます。

多分、じきに良くなるでしょう。

とにかく骨作りのために太陽を浴びなきゃなので、2つ目のお部屋をレッスン室の南側に設置して、初めてレッスン中に同室させてみました。

ちびっ子がレッスン中も静かだった!

早く良くなるといいなぁ。


写真は早朝悪さの限りを尽くしてすっかりネンネ中。


私の中でやっと、弦がかわいいなぁ、愛おしいなぁと少しずつ思うようになってきた。

昼からはなんやかやして、3人で父のお見舞いに!


寒い日曜日です。
雪が舞ってました。

iPhoneから送信
by mamopy26 | 2017-12-17 12:15 | 音楽について雑記 | Comments(0)

f0011022_729779.jpg


水曜日にいつもお世話になってるどい内科クリニックの恒例クリスマスコンサートで弾いてきました。

いつもこちらに任せてくださり、ガチにクラシックを演奏させてもらってます。お爺ちゃんお婆ちゃんの前で。

プログラム

バッハ : 主よ、人の望みの喜びよ(連弾)

サン=サーンス: 動物の謝肉祭(連弾) 語りと私の絵付き

愛の小曲コーナー
ベートーベン: エリーゼのために(守ソロ)

サティ: Je tu veux(私ソロ)

プーランク: 愛の小径(私ソロ)

安川 徹:2人のクリスマス(連弾)

ラヴェル: スペイン狂詩曲より
Feria(連弾)

話しを交えながら楽しかったです。


院長ご夫妻の次男、三男にピアノを教えてた関係で、ずっとお付き合いいただいてます。
今は誰も教えてないけど。

とても暖かで気取ることのない優しい院長先生、しっかり誰に対しても意見を言えて、人を大切にする美しい院長夫人。

本当に温かい気持ちで支えていただいてるなぁと感謝の気持ちで一杯な日でした。


有難いありがたい。


寒いので皆様、お気をつけて!
私は朝早くから佐賀駅のカフェでお紅茶中!今から佐賀大です!


iPhoneから送信
by mamopy26 | 2017-12-15 07:29 | 音楽について雑記 | Comments(0)

ミニシェパードと父親

f0011022_14282652.jpg

ふにょふにょしてた、お耳がしっかり立ちました。

ミニシェパード!
しかし、10キロは超えました。

父は最高の治療をしていたが、全く効果がなく点滴治療を打ち切りました。
数値は悪くなってきてますが、本人、ガンガン生きるつもり。
死ぬ気はない。
だから、必死でご飯を食べてる。

ちょい前に、これ以上は人工透析しかないし、しても良くなるとは思われない、と主治医に宣告された。
そして、本人の意思で延命はしない、人工透析はしない、と決めた。
しかし、だからといって死が目の前とは思わないらしい。
主治医も家族も終末期の認識で、高度医療の大学病院にもかかわらず、ホスピス待遇を個室でさせてもらってる。

とにかく、すごい根性に家族みんな驚いている。

意識もしっかりしていて、生きる為に完食し、歯も入念に磨いてる。

そして、なんで治らないかなぁと呟く。


貧血がひどくなってるが、輸血はどうしますか?と主治医に決断を迫られている。

私はいたずらに苦痛を長引かせるのはどうかと思うので、自分の親ながら輸血にはあまり賛成の気持ちはなかったが、(もちろん決断は母だが)
こんなに必死に生きるために出来ることを努力してるのをみたら、一回だけご褒美みたいに輸血してもいいかなぁと心が揺らぎ始めた。

いずれにしても、"最後まで諦めるな!"と最後に父か身をもって教えてくれてるように思う。

私は幸せな人間だと強く感じた。

iPhoneから送信
by mamopy26 | 2017-12-11 14:28 | 音楽について雑記 | Comments(0)

f0011022_1610291.jpg

f0011022_1610371.jpg

f0011022_1610575.jpg

f0011022_1610520.jpg

f0011022_1610653.jpg


怒涛の日々でした。
準備ですでにヘトヘト。本番は走り回る。
これに関しては、久留米シティプラザ ザ グランドホールが今年から携帯の電波がはいるようになり、全てスタッフ同士の連絡はラインで全員が同時に把握できるようになり、大変便利なのに、どうもじっとしとけない性格だと判明。どうしても動き回るf^_^;
まぁ、興奮してテンション上がって身体が止まらない感じ?

そんな自分の性格も災いしてかクタクタ。


が!しかし!
ほんとに沢山の参加者の皆様に恵まれ、想定できない忙しさだった。
皆さんには、行き届かないところも多々あったこととは存じますが、反省点や改良点など話し合いながらより良く発展させてまいります。


にしても、レヴェルがあがりすぎて、もはや差がつきにくい。
additional pieceを増やすべきかと一瞬思うほど。

素晴らしい久留米シティプラザ ザ グランド ホールが豊かなバッハの音色で溢れてました。

タイトなスケジュールで、表彰式も遅くなり、遠方の皆様には本当にハラハラドキドキな思いをおさせしました。

審査もあまりのハードさに、審査委員長のザカリエバ先生が、
もう演奏は無理!となってしまったのは残念。

そして、スタッフを含めたTeam Bach! 行き届かないところもありますが、みんな一丸となって一生懸命頑張ってくれました。
多少の不協和音がかえって繋がりを強めた感じ。


写真はホールと、控え室で寛ぐ審査員"The Piano"
ザカリエバ先生、ジュ先生、田中 美江先生、由川 千恵先生。

ホームページ掲載、もうじきです。

郵送は今しばらくお待ちください。



iPhoneから送信
by mamopy26 | 2017-12-06 16:10 | 音楽について雑記 | Comments(0)